ソフトバンクの「ベンチ漏れ」投手陣に阪神が“垂涎”の理由

公開日: 更新日:

 実際、第5の外国人として右腕のサンティアゴ(前ドジャース)の獲得が内定。さらに、13日からは6番目の助っ人として、13年WBC台湾代表右腕の王躍霖の入団テストを行っている。王は合格しても育成契約となる可能性もあるそうだが、水面下でトレードも検討しているようなのだ。

ソフトバンクの補強ポイントは外野手。内川、柳田、中村がレギュラーだが、長谷川は昨年12月に右足首を手術したリハビリ明けだし、代走、守備のスペシャリストである城所がキャンプ中に左尺骨骨幹部骨折で全治3カ月。江川もヘルニアを患った。その点、阪神の外野はマートン、大和、福留でレギュラーは確定。新人の江越(駒大)も打撃に課題が残るも守備、走塁でアピールして開幕一軍は濃厚。レギュラーをバックアップする代走、守備要員、レギュラー故障時の代役として、俊介、柴田といった守備や走塁に定評がある選手が“弾”になるのではないか」(前出の編成)

 開幕直前、阪神ファンがアッと驚く駆け込みトレードがあるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る