ジーターからお墨付きも 松井「ヤ軍コーチ就任」の現実味は?

公開日: 更新日:

「彼がこれまで培った知識や経験を、次の世代に伝えるのは本当に素晴らしいことだと思う。彼はそれができる人だ」

 昨季限りで現役を引退した元ヤンキースのデレク・ジーター(40)が18日、東日本大震災の被災者を支援するイベントの会見でこう言った。「彼」とはヤンキースで同僚だった松井秀喜(40)のこと。松井が今年、ヤンキースのGM特別アドバイザーに就任、マイナーの若手を指導するようになったことを受けての発言だ。

 自身の今後を聞かれたジーターは、「すぐに野球界に戻るという意識はない。いつか野球チームのオーナーになってみたら楽しいだろうと思うけど、まだ先の話」とコメントした。興味の対象は監督やコーチといった現場復帰より、球団を経営する側らしい。かつて「(ヤンキースの)前のオーナー(ジョージ・スタインブレナー)から組織をどう動かすかについても学んできた」と言ったこともある。年俸だけで300億円以上稼いだ男は、スケールもデカい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る