まるで今季を暗示…セの「ファンミーティング」はドッチラケ

公開日:  更新日:

 一体、何がしたかったのか。23日に行われたセ・リーグのファンミーティングのことである。

 今年で3回目となる同ミーティングにはセ6球団の監督とドラフト1位選手らが出席。事前にチケットを買ったファンを前に、指揮官や選手が熱いトークを繰り広げるのがウリとされていた。ところが、実際はどうか。

 各監督から開幕投手の発表こそあったものの、どれも事前に報道されている名前ばかりでサプライズ感はまるでなし。広島の緒方監督が売り出し中の3年目・鈴木誠也(20)の「開幕1番起用」を明言したり、DeNAの中畑監督が新人・山崎康晃(22)のクローザー起用を明かして場を盛り上げようとしたものの、これとてファンや報道陣には「想定内」のことだった。

 むしろ、開幕直前にもかかわらず、6球団の監督が和気あいあいと軽口を叩き合う姿に、「これではシーズン本番を前にファンをしらけさせるだけじゃないか」と余計な心配をしたくなるほどだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る