• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まるで今季を暗示…セの「ファンミーティング」はドッチラケ

 一体、何がしたかったのか。23日に行われたセ・リーグのファンミーティングのことである。

 今年で3回目となる同ミーティングにはセ6球団の監督とドラフト1位選手らが出席。事前にチケットを買ったファンを前に、指揮官や選手が熱いトークを繰り広げるのがウリとされていた。ところが、実際はどうか。

 各監督から開幕投手の発表こそあったものの、どれも事前に報道されている名前ばかりでサプライズ感はまるでなし。広島の緒方監督が売り出し中の3年目・鈴木誠也(20)の「開幕1番起用」を明言したり、DeNAの中畑監督が新人・山崎康晃(22)のクローザー起用を明かして場を盛り上げようとしたものの、これとてファンや報道陣には「想定内」のことだった。

 むしろ、開幕直前にもかかわらず、6球団の監督が和気あいあいと軽口を叩き合う姿に、「これではシーズン本番を前にファンをしらけさせるだけじゃないか」と余計な心配をしたくなるほどだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る