錦織圭は力負け “ビッグサーバー”イスナーに終始防戦一方

公開日:  更新日:

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州)は2日(日本時間3日)、男子シングルス準々決勝を行い、世界ランク5位で第4シードの錦織圭(25)が同24位の第22シード、ジョン・イスナー(29=米国)と対戦。4-6、3-6のストレート負けを喫し、2年連続のベスト4進出を逃した。

 錦織は、4回戦で同6位のラオニッチ(カナダ)との接戦を制したイスナーの勢いにのみ込まれた。

 身長208センチから繰り出す相手の強烈なサーブに終始、翻弄された。互いに譲らず、5-4で迎えた第1セットの第10ゲーム。自身のミスショットもあり、0-40とブレークのピンチを招く。流れを引き戻そうと、ラケットを替えたが、最後はイスナーのストロークがネットにかかってインに入り、ブレークを許して第1セットを落とした。

 140マイル(約224キロ)を超える高速サーブを警戒し過ぎたのだろう。逆に相手の揺さぶりにも屈した。イスナーのサービスゲームで始まった第2セットの第1ゲーム。相手のストロークミスからポイントを連取しながら、コートいっぱいに使ったワイドなサービスエースに対応できずにキープを許す。第2ゲームはサーブの精度が落ち、相手に2本連続でリターンエースを決められて、この試合2度目のブレークを許した。その後はイスナーの正確なサーブに防戦一方。合計で13本のサービスエースを決められるなど、相手のパワーに太刀打ちできずベスト8で姿を消した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る