• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織圭は力負け “ビッグサーバー”イスナーに終始防戦一方

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州)は2日(日本時間3日)、男子シングルス準々決勝を行い、世界ランク5位で第4シードの錦織圭(25)が同24位の第22シード、ジョン・イスナー(29=米国)と対戦。4-6、3-6のストレート負けを喫し、2年連続のベスト4進出を逃した。

 錦織は、4回戦で同6位のラオニッチ(カナダ)との接戦を制したイスナーの勢いにのみ込まれた。

 身長208センチから繰り出す相手の強烈なサーブに終始、翻弄された。互いに譲らず、5-4で迎えた第1セットの第10ゲーム。自身のミスショットもあり、0-40とブレークのピンチを招く。流れを引き戻そうと、ラケットを替えたが、最後はイスナーのストロークがネットにかかってインに入り、ブレークを許して第1セットを落とした。

 140マイル(約224キロ)を超える高速サーブを警戒し過ぎたのだろう。逆に相手の揺さぶりにも屈した。イスナーのサービスゲームで始まった第2セットの第1ゲーム。相手のストロークミスからポイントを連取しながら、コートいっぱいに使ったワイドなサービスエースに対応できずにキープを許す。第2ゲームはサーブの精度が落ち、相手に2本連続でリターンエースを決められて、この試合2度目のブレークを許した。その後はイスナーの正確なサーブに防戦一方。合計で13本のサービスエースを決められるなど、相手のパワーに太刀打ちできずベスト8で姿を消した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る