• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織は世界4位再浮上も 1位ジョコビッチとは“雲泥の差”

 そういうことではないだろう。

 6日付の男子テニスのATP世界ランキング、錦織圭(25)は5280ポイントで、自己最高の4位に再浮上した。スポーツマスコミの中には、5255ポイントで5位のラファエル・ナダル(28=スペイン)を初めて超えたなんて報道もあったが、今の時点で4位だ5位だと騒ぐのはいかがなものか。

 同ランク4位以上で大会に臨めば、ベスト4まで自分より格上と当たらないというメリットはある。だが、先週のマイアミ・オープンではランク5位で臨みながら同24位のジョン・イスナー(29=米国)に完敗。208センチのイスナーの最速228キロのビッグサーブの前になす術なく1時間10分で敗れた。サービスエースを12本も決められ、得意のストローク戦に持ち込めなかったことが敗因。これでは世界の頂点に立つのは厳しい。相性が悪いというか、好みではない高速サーブの相手をいかに打ち崩すかが、今後の課題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る