顔踏みつけ4試合出場停止 鳥栖キムの“大甘”処分に非難の声

公開日: 更新日:

「処分が軽すぎる」という声はもっともだ。

 J1鳥栖の韓国人DFキム・ミンヒョク(23)は、3日の鹿島戦でMF金崎夢生(26)の顔面を左足で踏みつけた。主審はその直前、金崎をつかんで引き倒したプレーに警告を与えたものの、危険な「顔面スパイク」は確認できなかった。鹿島はこの危険行為をJリーグに申し立てし、事実を確認したJリーグ規律委員会は、「極めて悪質な行為」と判断。キムを4試合の出場停止処分とした。

 すでに動画サイトでも見られる問題のシーンは、キムが故意に金崎の顔を踏んでいることは明らかだ。スパイクが目に入れば失明の恐れもある。女子サッカー代表の大儀見優季(27=ドイツ・ボルフスブルク)は自身のツイッターで「この選手の行為は社会的立場を考えても、人としてもサッカー選手としても許されるべき行為でないことは確かだと思います」と語った。多くの選手はそう思っているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る