世界水泳切符の渡部香生子は“ぶっきらぼう”で人気イマイチ

公開日:  更新日:

 女子のエース候補が順当に世界選手権(8月、ロシア・カザニ)の代表切符を手にした。

 10日、競泳の日本選手権4日目は5種目などが行われ、女子200メートル個人メドレーで18歳の渡部香生子(JSS立石)が2分9秒81の日本新記録で3連覇。前日の女子平泳ぎ100m、50mと合わせ今大会3冠を達成し、世界選手権の代表入りを決めた。

 高1で出場したロンドン五輪では準決勝で敗退したが、昨年のパンパシフィック選手権、アジア大会(仁川)はともに200メートルで金、100メートルで銀を獲得。ロンドン五輪の同種目で銀、銅の2個のメダルを獲得した鈴木聡美に代わって、来年のリオでは女子のエース候補だ。

 愛くるしいルックスで注目を集め、テレビのドキュメンタリー番組に取り上げられるようになった。競泳界では美女スイマーとして人気だったロンドン五輪100メートル背泳ぎ銅メダルの寺川綾(13年に引退)の後釜と期待されながら、ぶっきらぼうな対応で人気はイマイチ。今春、早大に入学し、晴れて女子大生に。

 今後の日本競泳界を背負って立つ存在だけに、昨季から指導する竹村吉昭コーチは「精神面での成長を見せて欲しい」と注文を付ける。

“平泳ぎの女王”には、愛想と色気を兼ね備えた大人のスイマーへの変身が求められているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る