世界水泳切符の渡部香生子は“ぶっきらぼう”で人気イマイチ

公開日:  更新日:

 女子のエース候補が順当に世界選手権(8月、ロシア・カザニ)の代表切符を手にした。

 10日、競泳の日本選手権4日目は5種目などが行われ、女子200メートル個人メドレーで18歳の渡部香生子(JSS立石)が2分9秒81の日本新記録で3連覇。前日の女子平泳ぎ100m、50mと合わせ今大会3冠を達成し、世界選手権の代表入りを決めた。

 高1で出場したロンドン五輪では準決勝で敗退したが、昨年のパンパシフィック選手権、アジア大会(仁川)はともに200メートルで金、100メートルで銀を獲得。ロンドン五輪の同種目で銀、銅の2個のメダルを獲得した鈴木聡美に代わって、来年のリオでは女子のエース候補だ。

 愛くるしいルックスで注目を集め、テレビのドキュメンタリー番組に取り上げられるようになった。競泳界では美女スイマーとして人気だったロンドン五輪100メートル背泳ぎ銅メダルの寺川綾(13年に引退)の後釜と期待されながら、ぶっきらぼうな対応で人気はイマイチ。今春、早大に入学し、晴れて女子大生に。

 今後の日本競泳界を背負って立つ存在だけに、昨季から指導する竹村吉昭コーチは「精神面での成長を見せて欲しい」と注文を付ける。

“平泳ぎの女王”には、愛想と色気を兼ね備えた大人のスイマーへの変身が求められているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る