• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パッキャオ大打撃 6億円集団訴訟に加え認証団体が処分も

 ボクシング世界ウエルター級王座統一戦でメイウェザー(38=米国)に敗れたパッキャオ(36=フィリピン)が6日、ロスで右肩の手術を受けた。断裂した右肩腱を修復する関節鏡視下手術で、復帰までに9カ月から1年かかる。担当医は完治して復帰できると話しているという。

 パッキャオは右肩を約2週間前に痛めたが、それをネバダ州のボクシング認証団体に知らせなかったことで大問題になっている。試合前に痛み止めの注射を打つことは認められず、第4ラウンドで悪化。認証団体はパッキャオがケガを公表しなかったと処分も検討中だ。

 おまけにパッキャオはネバダ州の住民から500万ドル(約6億円)以上の損害賠償請求訴訟を起こされた。ケガを知らずに高額な入場料を購入したり、有料放送を視聴したり、パッキャオ勝利に賭けたりで損害を被ったというのだ。バクチの賭け金はネバダ州だけで約72億円に達したともいわれる。

 約120億円のファイトマネーを手にしたパッキャオ自身のダメージはともかく、パッキャオで熱くなった人たちの怒りは当分、治まりそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る