合宿公開のドン底日本女子柔道 「指導体制変更」は吉と出るか

公開日: 更新日:

 13日、女子柔道の日本代表が都内での合宿を公開。8月の世界選手権の代表選手たちが約3時間、精力的に汗を流した。

 12年のロンドン五輪ではメダル量産が期待されながら、金メダルは57キロ級の松本薫の1個に終わった。13年には園田隆二前監督によるパワハラ指導など不祥事が相次いで発覚し、女子代表チームは崩壊寸前になった。

 そこで、リオ五輪での復権を目指す女子代表チームは世界選手権(カザフスタン)に向けて、指導体制の見直しを図った。これまで階級別に区切っていたコーチ陣を廃止。階級の垣根をなくし、新たに選手の所属企業や大学のコーチが、代表でも指導する体制に変更した。

 例えば今回の世界選手権の代表では48キロ級の近藤亜美、52キロ級の中村美里の2人は、所属の三井住友海上でも指導を受ける上野雅恵コーチ(アテネ、北京五輪70キロ級金メダル)が担当。他の選手も原則として所属の指導者がコーチを務めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る