合宿公開のドン底日本女子柔道 「指導体制変更」は吉と出るか

公開日:  更新日:

 13日、女子柔道の日本代表が都内での合宿を公開。8月の世界選手権の代表選手たちが約3時間、精力的に汗を流した。

 12年のロンドン五輪ではメダル量産が期待されながら、金メダルは57キロ級の松本薫の1個に終わった。13年には園田隆二前監督によるパワハラ指導など不祥事が相次いで発覚し、女子代表チームは崩壊寸前になった。

 そこで、リオ五輪での復権を目指す女子代表チームは世界選手権(カザフスタン)に向けて、指導体制の見直しを図った。これまで階級別に区切っていたコーチ陣を廃止。階級の垣根をなくし、新たに選手の所属企業や大学のコーチが、代表でも指導する体制に変更した。

 例えば今回の世界選手権の代表では48キロ級の近藤亜美、52キロ級の中村美里の2人は、所属の三井住友海上でも指導を受ける上野雅恵コーチ(アテネ、北京五輪70キロ級金メダル)が担当。他の選手も原則として所属の指導者がコーチを務めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る