照ノ富士の快挙に待った! 稀勢の里の“連勝ストッパー”伝説

公開日:  更新日:

 大相撲春場所8日目、大関・稀勢の里(28)が相変わらずの連勝ストッパーぶりを発揮した。すでに3敗と優勝戦線から脱落した大関の相手は、初日から7連勝している新関脇の照ノ富士(23)。1940年の五ツ島以来となる75年ぶりの「新三役の7連勝」を達成し、初日からの8連勝なら昭和以降初の快挙と話題満載のモンゴル人力士だ。

 その成長株を相手に稀勢の里は立ち合いからの攻防でもろ差しになると、照ノ富士が腕を巻き替える隙を狙って、一気に寄り切り。会場は騒然となり、NHKの実況アナは「大関の意地を見せた!」と絶叫していた。

 稀勢の里といえば、相手の連勝記録がかかっている時に限ってめっぽう強い。10年、双葉山の69連勝に挑んでいた白鵬を63連勝で止めたのは、当時平幕の稀勢の里だった。この時、白鵬は直前の4場所を無傷で優勝。記録更新は時間の問題と誰もが思う中、日本人横綱の期待がかかるホープが大番狂わせを起こした。さらに13年にも白鵬の連勝を43でストップさせ、この日の照ノ富士で3度目である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る