児玉光雄
著者のコラム一覧
児玉光雄追手門学院大学客員教授

47年兵庫生まれ。京大工学部卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院に学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として五輪選手のデータ分析に従事。前鹿屋体育大教授。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

元全日本選手プレーヤー提言 「日本テニスはスペインに学べ」

公開日:  更新日:

 錦織選手(世界ランク6位)は13日のイタリア国際初戦(2回戦)を2-0(7-6、7-5)で突破した。

 私は、「錦織は突然変異で生まれた」と考えている。だから、いくらスポーツ科学がバックアップしても、あるいはいくら猛練習を選手に課しても、「錦織」を量産することはできない。

 最新の男子シングルスの世界ランク100位以内を見た。国別で選手の数を比較した時、1位はアメリカでもオーストラリアでもなく、人口が日本の半分にも満たないスペインだ。現在100位以内にスペイン選手が11人入っている。しかもそのうちの5人はトップ20である。

 日本は錦織選手以外に添田選手(86位)だけ。人口が日本の半分にも満たないスペインにできて日本にできないことはない、と私は考えている。

 実は、スペインのテニスは日本のテニスと、とても似ている。彼らの持ち味は、ナダル選手やフェレール選手に代表されるような、ベースラインで延々とラリーを続ける泥くさいテニス。それは、スペインにおける主要サーフェスであるクレーコート(赤土)と深い関係がある。なかなかエースを取れない球足の遅いクレーコートが、スペインテニスの粘り強さを生み出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る