児玉光雄
著者のコラム一覧
児玉光雄追手門学院大学客員教授

47年兵庫生まれ。京大工学部卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院に学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として五輪選手のデータ分析に従事。前鹿屋体育大教授。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

元全日本選手プレーヤー提言 「日本テニスはスペインに学べ」

公開日: 更新日:

 錦織選手(世界ランク6位)は13日のイタリア国際初戦(2回戦)を2-0(7-6、7-5)で突破した。

 私は、「錦織は突然変異で生まれた」と考えている。だから、いくらスポーツ科学がバックアップしても、あるいはいくら猛練習を選手に課しても、「錦織」を量産することはできない。

 最新の男子シングルスの世界ランク100位以内を見た。国別で選手の数を比較した時、1位はアメリカでもオーストラリアでもなく、人口が日本の半分にも満たないスペインだ。現在100位以内にスペイン選手が11人入っている。しかもそのうちの5人はトップ20である。

 日本は錦織選手以外に添田選手(86位)だけ。人口が日本の半分にも満たないスペインにできて日本にできないことはない、と私は考えている。

 実は、スペインのテニスは日本のテニスと、とても似ている。彼らの持ち味は、ナダル選手やフェレール選手に代表されるような、ベースラインで延々とラリーを続ける泥くさいテニス。それは、スペインにおける主要サーフェスであるクレーコート(赤土)と深い関係がある。なかなかエースを取れない球足の遅いクレーコートが、スペインテニスの粘り強さを生み出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る