児玉光雄
著者のコラム一覧
児玉光雄追手門学院大学客員教授

47年兵庫生まれ。京大工学部卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院に学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として五輪選手のデータ分析に従事。前鹿屋体育大教授。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

元全日本選手プレーヤー提言 「日本テニスはスペインに学べ」

公開日:  更新日:

 錦織選手(世界ランク6位)は13日のイタリア国際初戦(2回戦)を2-0(7-6、7-5)で突破した。

 私は、「錦織は突然変異で生まれた」と考えている。だから、いくらスポーツ科学がバックアップしても、あるいはいくら猛練習を選手に課しても、「錦織」を量産することはできない。

 最新の男子シングルスの世界ランク100位以内を見た。国別で選手の数を比較した時、1位はアメリカでもオーストラリアでもなく、人口が日本の半分にも満たないスペインだ。現在100位以内にスペイン選手が11人入っている。しかもそのうちの5人はトップ20である。

 日本は錦織選手以外に添田選手(86位)だけ。人口が日本の半分にも満たないスペインにできて日本にできないことはない、と私は考えている。

 実は、スペインのテニスは日本のテニスと、とても似ている。彼らの持ち味は、ナダル選手やフェレール選手に代表されるような、ベースラインで延々とラリーを続ける泥くさいテニス。それは、スペインにおける主要サーフェスであるクレーコート(赤土)と深い関係がある。なかなかエースを取れない球足の遅いクレーコートが、スペインテニスの粘り強さを生み出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る