• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
児玉光雄
著者のコラム一覧
児玉光雄追手門学院大学客員教授

47年兵庫生まれ。京大工学部卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院に学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として五輪選手のデータ分析に従事。前鹿屋体育大教授。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

元全日本選手プレーヤー提言 「日本テニスはスペインに学べ」

 錦織選手(世界ランク6位)は13日のイタリア国際初戦(2回戦)を2-0(7-6、7-5)で突破した。

 私は、「錦織は突然変異で生まれた」と考えている。だから、いくらスポーツ科学がバックアップしても、あるいはいくら猛練習を選手に課しても、「錦織」を量産することはできない。

 最新の男子シングルスの世界ランク100位以内を見た。国別で選手の数を比較した時、1位はアメリカでもオーストラリアでもなく、人口が日本の半分にも満たないスペインだ。現在100位以内にスペイン選手が11人入っている。しかもそのうちの5人はトップ20である。

 日本は錦織選手以外に添田選手(86位)だけ。人口が日本の半分にも満たないスペインにできて日本にできないことはない、と私は考えている。

 実は、スペインのテニスは日本のテニスと、とても似ている。彼らの持ち味は、ナダル選手やフェレール選手に代表されるような、ベースラインで延々とラリーを続ける泥くさいテニス。それは、スペインにおける主要サーフェスであるクレーコート(赤土)と深い関係がある。なかなかエースを取れない球足の遅いクレーコートが、スペインテニスの粘り強さを生み出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る