• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

順調に回復のヤンキース田中 マイナーで「45球」調整登板へ

 右手首の炎症と前腕部の張りで故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(26)が21日(日本時間22日)の傘下3Aスクラントン(対ダーラム=レイズ傘下)での調整登板が決まった。19日にヤンキースが正式に発表した。

 前日に遠征先のワシントンでブルペン入りし、29球を投げ込んだ。一夜明けたこの日は患部に異常がないことから首脳陣からマイナー戦の登板にゴーサインが出た。

 ナショナルズ戦を前にキャッチボールなどで汗を流した田中は「ここまで順調にきているので、打者相手にしっかりと投げたい。自分の投球をするだけです」と話した。

 当初はマイナーでの調整登板を3~4試合こなしてから、メジャー復帰が予定されていた。首脳陣はエース右腕の回復具合を慎重に見定めているのだろう。試合前に会見したジラルディ監督は「田中は3回、45球をメドに投げる。今後の調整スケジュールは、投球内容を見てからになる」と具体的な復帰時期については明言を避けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る