白鵬遠のく4敗目…大関稀勢の里が1度も優勝できない理由

公開日:  更新日:

 大関稀勢の里(28)が、またもや相撲ファンの淡い期待を木っ端微塵に打ち砕いた。

 自身3敗で2敗の横綱白鵬を追う展開になっていた5月場所13日目(22日)。相手の横綱日馬富士は右ヒジに不安を抱えるなど、万全とは程遠い状態。ここ一番に弱い稀勢の里でもこれなら勝てる、と多くのファンは思っていたはずだ。

 しかし、立ち合いから両足が揃ってしまい、はたかれてダイブするかのごとく土俵にベチャリ。これで4敗となり、優勝争いからは脱落。せっかく前日に白鵬が負けて、再びチャンスがめぐってきたと思った途端にこれだ。

 とはいえ、いつものことといえばいつものこと。毎場所のようにファンの期待を裏切り続けている。それでも対白鵬戦の成績がゆえに、ファンも一縷の望みを託してしまう。ここ数場所は負けっぱなしも、通算11勝39敗。一見大したことないように見えるが、白鵬に2ケタ勝ったことのある日本人力士は稀勢の里ただひとり。10年に連勝記録を63で止めたのも、当時平幕のこの男だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る