白鵬遠のく4敗目…大関稀勢の里が1度も優勝できない理由

公開日:  更新日:

 大関稀勢の里(28)が、またもや相撲ファンの淡い期待を木っ端微塵に打ち砕いた。

 自身3敗で2敗の横綱白鵬を追う展開になっていた5月場所13日目(22日)。相手の横綱日馬富士は右ヒジに不安を抱えるなど、万全とは程遠い状態。ここ一番に弱い稀勢の里でもこれなら勝てる、と多くのファンは思っていたはずだ。

 しかし、立ち合いから両足が揃ってしまい、はたかれてダイブするかのごとく土俵にベチャリ。これで4敗となり、優勝争いからは脱落。せっかく前日に白鵬が負けて、再びチャンスがめぐってきたと思った途端にこれだ。

 とはいえ、いつものことといえばいつものこと。毎場所のようにファンの期待を裏切り続けている。それでも対白鵬戦の成績がゆえに、ファンも一縷の望みを託してしまう。ここ数場所は負けっぱなしも、通算11勝39敗。一見大したことないように見えるが、白鵬に2ケタ勝ったことのある日本人力士は稀勢の里ただひとり。10年に連勝記録を63で止めたのも、当時平幕のこの男だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る