3年ぶり初日土に観衆喝采 白鵬が望まれるのは“負けっぷり”

公開日:  更新日:

 座布団が乱れ飛ぶ中、呆然としていたのはむしろ勝者の方だった。

 大相撲夏場所初日(10日)、結びの一番で横綱白鵬(30)が新小結の逸ノ城(22)に敗れた。立ち合いでがっぷり四つになると、逸ノ城は右下手を巻き替えて強烈な突き落とし。白鵬はバッタリと両手をついてしまったのだ。

「立ち合いは思い切り突き放していこうと思ったけど、うまくいかなかった。そこからの相撲? まあ、流れで……」と、勝因がわからぬといったあんばいの逸ノ城。一方、白鵬は汗だくの顔を紅潮させ、花道を引き揚げた。支度部屋では「(稽古で可愛がりをしただけに)恩返しされたね」とつぶやくも、内心は怒りと悔しさが渦巻いていたはずだろう。

 場所前は「最近の目標に(歴代1位の)1047勝(魁皇)というのがある。今は909勝だから」と大言壮語していた。それが両手をついての負けでは、とんだ赤っ恥だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る