• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年ぶり初日土に観衆喝采 白鵬が望まれるのは“負けっぷり”

 座布団が乱れ飛ぶ中、呆然としていたのはむしろ勝者の方だった。

 大相撲夏場所初日(10日)、結びの一番で横綱白鵬(30)が新小結の逸ノ城(22)に敗れた。立ち合いでがっぷり四つになると、逸ノ城は右下手を巻き替えて強烈な突き落とし。白鵬はバッタリと両手をついてしまったのだ。

「立ち合いは思い切り突き放していこうと思ったけど、うまくいかなかった。そこからの相撲? まあ、流れで……」と、勝因がわからぬといったあんばいの逸ノ城。一方、白鵬は汗だくの顔を紅潮させ、花道を引き揚げた。支度部屋では「(稽古で可愛がりをしただけに)恩返しされたね」とつぶやくも、内心は怒りと悔しさが渦巻いていたはずだろう。

 場所前は「最近の目標に(歴代1位の)1047勝(魁皇)というのがある。今は909勝だから」と大言壮語していた。それが両手をついての負けでは、とんだ赤っ恥だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る