3年ぶり初日土に観衆喝采 白鵬が望まれるのは“負けっぷり”

公開日:  更新日:

 座布団が乱れ飛ぶ中、呆然としていたのはむしろ勝者の方だった。

 大相撲夏場所初日(10日)、結びの一番で横綱白鵬(30)が新小結の逸ノ城(22)に敗れた。立ち合いでがっぷり四つになると、逸ノ城は右下手を巻き替えて強烈な突き落とし。白鵬はバッタリと両手をついてしまったのだ。

「立ち合いは思い切り突き放していこうと思ったけど、うまくいかなかった。そこからの相撲? まあ、流れで……」と、勝因がわからぬといったあんばいの逸ノ城。一方、白鵬は汗だくの顔を紅潮させ、花道を引き揚げた。支度部屋では「(稽古で可愛がりをしただけに)恩返しされたね」とつぶやくも、内心は怒りと悔しさが渦巻いていたはずだろう。

 場所前は「最近の目標に(歴代1位の)1047勝(魁皇)というのがある。今は909勝だから」と大言壮語していた。それが両手をついての負けでは、とんだ赤っ恥だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る