日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

21打席ぶり快音も…西武・森のスランプは外野守備の“弊害”

 これでスランプ解消になればいいのだが……。

 28日、西武の森(19)が2打席目に右前打。21日のロッテ戦以来、久々に快音をとどろかせた。

 森は交流戦直前の楽天3連戦でノーヒット。交流戦でも不調は続き、26日には巨人戦先発の菅野に3連続三振と手玉に取られた。結局、この日も1安打で終わり、ここ3試合で10打数1安打、6三振だ。

 それだけに21打席ぶりのヒットが好調のきっかけになると思いたいが、あるパ球団のスコアラーは「しばらくはこんな成績が続くのでは」と、こう続ける。

「直球主体のパの投手に比べて、セは変化球の精度が高い投手が多い。森は外角ボールになる変化球に、バットをブンブン振り回してしまっていますからね。普段なら際どい球を見極めることも出来るだろうけど、慣れない右翼守備が負担になっているのでしょう。打撃練習からして、以前の余裕が感じられません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事