カブス和田 今季初勝利で「ローテ定着」を手繰り寄せる

公開日:  更新日:

 ベテラン左腕が持ち味を存分に発揮して相手打線を牛耳った。

 カブス・和田毅(34)が17日(日本時間18日)のインディアンス戦に登板。メジャー最長タイとなる7回(107球)を投げて4安打無失点、6三振、2四球で今季初勝利(1敗)をマークした。

 過去5試合は長打を許して降板してきたが、この日の和田は危なげなかった。一回こそ、安打と四球で2死一、二塁と得点圏に走者を背負ったが、二回以降は変化球を織り交ぜた丁寧な投球でつけ入る隙を与えない。二回から四回までは3者凡退で切り抜けた。中盤には安打を許したものの、後続を打ち取って難なく切り抜けた。七回1死から、6番ペレスを四球で歩かせたが、続くモスを併殺に仕留めて、リリーフ陣にマウンドを託した。

 味方打線が爆発し、序盤に大量10点の援護に恵まれる中、緩急をつけた投球が冴え、今季6試合目にして、ようやく白星を手にした。

 ここにきて、シカゴの地元メディアが和田の先発としての力量を疑問視するなど、立場は微妙だった。崖っぷちの和田は今季一番の投球でローテーション定着を手繰り寄せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る