芝コート戦術にも限界が…棄権の錦織に突きつけられる課題

公開日: 更新日:

「練習で試合みたいに動いたとき、かなり(左足ふくらはぎの)痛みがあった。試合ができたとしても、勝てることはないと思った」

 1日、こう言ってウィンブルドン選手権2回戦を棄権した錦織圭(25)は、トップ選手との実力差を埋める時期に来ているのかもしれない。

 日本時間6月29日に行われた1回戦は世界ランク55位のボレリ(29=イタリア)に大苦戦。左足ふくらはぎのケガで思うように動けないハンディがあったにせよ、フルセットの末に辛勝。格下相手に3時間22分を要したことが、結果として痛めていたケガの悪化につながった。

「その試合は持ちこたえたが、(試合後に)痛むかもしれないと感じていた。3セットで終わっていれば、そこまでダメージはなかったと思う」とは本人だ。

 日刊ゲンダイは1日、左足ばかりを故障する原因や2回戦の棄権について言及していた。ケガの治療に専念するとともに、もう一度、下半身のチェックが必要だろう。体の問題とは別に、錦織はウィンブルドンの戦いには課題が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  8. 8

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  9. 9

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  10. 10

    巨人1位・堀田賢慎 花巻東出身の父が青森山田進学に後押し

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る