• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芝コート戦術にも限界が…棄権の錦織に突きつけられる課題

「練習で試合みたいに動いたとき、かなり(左足ふくらはぎの)痛みがあった。試合ができたとしても、勝てることはないと思った」

 1日、こう言ってウィンブルドン選手権2回戦を棄権した錦織圭(25)は、トップ選手との実力差を埋める時期に来ているのかもしれない。

 日本時間6月29日に行われた1回戦は世界ランク55位のボレリ(29=イタリア)に大苦戦。左足ふくらはぎのケガで思うように動けないハンディがあったにせよ、フルセットの末に辛勝。格下相手に3時間22分を要したことが、結果として痛めていたケガの悪化につながった。

「その試合は持ちこたえたが、(試合後に)痛むかもしれないと感じていた。3セットで終わっていれば、そこまでダメージはなかったと思う」とは本人だ。

 日刊ゲンダイは1日、左足ばかりを故障する原因や2回戦の棄権について言及していた。ケガの治療に専念するとともに、もう一度、下半身のチェックが必要だろう。体の問題とは別に、錦織はウィンブルドンの戦いには課題が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る