錦織の怪我はなぜ「左足」に集中? フィジカルの専門家が分析

公開日:  更新日:

 問題は「ふくらはぎ」ではないのかもしれない。

 錦織圭(25)は、ウィンブルドン選手権1回戦でシモーネ・ボレリを3時間22分の激闘の末、撃破。しかし、直前のゲリー・ウェバー・オープン準決勝(途中棄権)で痛めた左ふくらはぎの故障は完治しておらず、試合中は治療のタイムを取り、最後は足を引きずっての勝利だった。

 錦織は「(足は)大丈夫」とはいうものの、左足の故障は今回が初めてではない。

 13年1月のブリスベン国際準決勝では、左ひざ炎症で途中棄権。昨年3月のソニー・オープン準々決勝では、ジョコビッチ戦を前に左足股関節痛のために棄権した。いずれも患部は左足である。運動選手の体に詳しいフィジカル・トレーナーの平山昌弘氏がこう言う。

「ふくらはぎやひざ、足首を痛めるのは足の根っこ、つまり股関節に問題があるケースが多い。どんな競技でも試合になれば予想外の動きをするシーンが出てくる。例えば右利きのテニス選手で左足が軸足になるのは、サーブとバックハンドの時。特にバックサイドに振られた際、股関節の可動域が限界を超えれば異常をきたします。股関節が正常に働かなければ、無意識に左足をかばい、負担のかかる左のふくらはぎや足首を痛めるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る