• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

なでしこ初代監督 「“澤抜き”で勝った自信を米国戦に生かせ」

 なでしこジャパンがカナダW杯準決勝でイングランド代表を破り、前回ドイツ大会に続いて決勝進出を決めた。この準決勝は、日本女子サッカー界にとって「分水嶺となった試合」として語り継がれるだろう。というのもW杯、五輪の主要世界大会で、大黒柱のベテランMF澤穂希(36)がピッチでプレーせず勝ち上がった、初の試合といっていいからだ。

 澤は93年、中学3年で代表に招集された。この年のアジア女子選手権を皮切りに日の丸を付けてプレー。W杯は95年スウェーデン大会から、五輪は96年のアトランタ大会から出場を続け、12年1月にはFIFA年間最優秀選手(11年度)に選ばれた。世界のレジェンド澤として、確固たる地位を築き上げた。

 しかし、そんな澤も年齢的な衰えは隠せず、ついにカナダW杯ではレギュラーから外れた。

 先発フル出場は、1次リーグ3戦目のエクアドル戦のみ。あとは1戦目のスイス戦=先発して後半12分まで出場、2戦目のカメルーン戦=後半19分から途中出場、決勝トーナメント1回戦のオランダ戦=後半35分から途中出場、準々決勝のオーストラリア戦=後半45分から途中出場――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る