日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FIFAも公式HPで異例の紹介 米代表FWモーガンの“美貌とカネ”

 なでしこジャパンのカナダW杯決勝(日本時間6日午前8時開始)の相手、米国代表で一番の要注意人物は、美人ストライカーとして有名なFWモーガン(26)だ。

 前回ドイツW杯決勝でも、日本相手にゴールを決めている。4年経った今W杯でもスピードに乗った突破力、ゴールの枠を捉える高い決定力は健在。モデル並みの美貌も変わらず、ピッチ内外で注目の的である。

 W杯の期間中、FIFAが公式HPで「モーガンの美貌」について言及した。準決勝の米国-ドイツ戦の前に「才能豊かなゴールスコアラーにして目を引くスタイル、それにふさわしい美貌でメディアを引きつける」と報じたのである。これに一般サポーターが噛み付いた。FIFAに「特定の選手の容姿をコメントするのはいかがなものか?」と真っ向から反対意見というワケだ。

■女子サッカー界ダントツの収入

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事