• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FIFAも公式HPで異例の紹介 米代表FWモーガンの“美貌とカネ”

 なでしこジャパンのカナダW杯決勝(日本時間6日午前8時開始)の相手、米国代表で一番の要注意人物は、美人ストライカーとして有名なFWモーガン(26)だ。

 前回ドイツW杯決勝でも、日本相手にゴールを決めている。4年経った今W杯でもスピードに乗った突破力、ゴールの枠を捉える高い決定力は健在。モデル並みの美貌も変わらず、ピッチ内外で注目の的である。

 W杯の期間中、FIFAが公式HPで「モーガンの美貌」について言及した。準決勝の米国-ドイツ戦の前に「才能豊かなゴールスコアラーにして目を引くスタイル、それにふさわしい美貌でメディアを引きつける」と報じたのである。これに一般サポーターが噛み付いた。FIFAに「特定の選手の容姿をコメントするのはいかがなものか?」と真っ向から反対意見というワケだ。

■女子サッカー界ダントツの収入

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る