• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大関昇進の照ノ富士 相撲協会が“年内横綱昇進”後押しの理由

 年内には横綱として使者を迎えることになりそうだ。

 27日午前に行われた臨時理事会で、正式に大関昇進が決まった照ノ富士(23)。伊勢ケ浜部屋で伝達式の使者を迎え、7月の名古屋場所からは晴れて大関として土俵に上がることになる。

 大関の昇進基準は通常「三役で3場所合計33勝」。しかし照ノ富士は、1月場所は平幕で8勝止まり。実質、2場所での大関昇進だけに、協会内からも反対意見も出たほどだ。それでも相撲協会には早いところ照ノ富士を昇進させたい理由がある。それが昨今の相撲ブームだ。

 今年は3場所連続、15日間すべてで満員御礼。イケメン力士遠藤(24)の登場以来、相撲人気は右肩上がり。協会内には「若貴ブームに匹敵するぞ」という声も聞こえるが、事情は当時とまったく異なる。ある角界OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る