• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大関昇進の照ノ富士 相撲協会が“年内横綱昇進”後押しの理由

 年内には横綱として使者を迎えることになりそうだ。

 27日午前に行われた臨時理事会で、正式に大関昇進が決まった照ノ富士(23)。伊勢ケ浜部屋で伝達式の使者を迎え、7月の名古屋場所からは晴れて大関として土俵に上がることになる。

 大関の昇進基準は通常「三役で3場所合計33勝」。しかし照ノ富士は、1月場所は平幕で8勝止まり。実質、2場所での大関昇進だけに、協会内からも反対意見も出たほどだ。それでも相撲協会には早いところ照ノ富士を昇進させたい理由がある。それが昨今の相撲ブームだ。

 今年は3場所連続、15日間すべてで満員御礼。イケメン力士遠藤(24)の登場以来、相撲人気は右肩上がり。協会内には「若貴ブームに匹敵するぞ」という声も聞こえるが、事情は当時とまったく異なる。ある角界OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る