• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気の「カート乗り入れOKコース」 現地で“不可”が多い理由

 このところ、フェアウエーに乗用カートの乗り入れができるゴルフ場が人気だ。ボールの近くまで乗用カートで乗り付ければ、セルフプレーでもわざわざクラブを取りにいく必要もなくラクだ。特に暑さが厳しくなるこれからの季節は、フェアウエーを歩くだけでも強烈な日差しを浴びるから相当にこたえる。カートで移動できたら、体力の消耗がまるで違い、熱中症対策にもなる。

 しかし、「カート乗り入れ可能」を盛んに宣伝しておきながら、いざゴルフ場に着くと、カート乗り場のボード表示が「本日の乗り入れ×」となっているところが多いのだ。これでは話が違う。

 つい先日も乗り入れ可を謳う埼玉県のゴルフ場に行ったところ、晴天続きだというのに「今日は乗り入れできません」と言われた。そこで理由を尋ねてみた。

「乗り入れが可能かどうかは、前日の芝の状態を見てグリーンキーパーが当日判断します。プロの判断になりますので、素人はなかなか分かりづらいと思います。雨が降れば地面がぬかるみますし、太陽が照り過ぎても芝が傷みやすくなります。乗り入れが可能な日数は季節によって変わります。春と秋は比較的大丈夫な日が多いのですが、夏場は特に厳しくなります」(担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る