人気の「カート乗り入れOKコース」 現地で“不可”が多い理由

公開日:  更新日:

 このところ、フェアウエーに乗用カートの乗り入れができるゴルフ場が人気だ。ボールの近くまで乗用カートで乗り付ければ、セルフプレーでもわざわざクラブを取りにいく必要もなくラクだ。特に暑さが厳しくなるこれからの季節は、フェアウエーを歩くだけでも強烈な日差しを浴びるから相当にこたえる。カートで移動できたら、体力の消耗がまるで違い、熱中症対策にもなる。

 しかし、「カート乗り入れ可能」を盛んに宣伝しておきながら、いざゴルフ場に着くと、カート乗り場のボード表示が「本日の乗り入れ×」となっているところが多いのだ。これでは話が違う。

 つい先日も乗り入れ可を謳う埼玉県のゴルフ場に行ったところ、晴天続きだというのに「今日は乗り入れできません」と言われた。そこで理由を尋ねてみた。

「乗り入れが可能かどうかは、前日の芝の状態を見てグリーンキーパーが当日判断します。プロの判断になりますので、素人はなかなか分かりづらいと思います。雨が降れば地面がぬかるみますし、太陽が照り過ぎても芝が傷みやすくなります。乗り入れが可能な日数は季節によって変わります。春と秋は比較的大丈夫な日が多いのですが、夏場は特に厳しくなります」(担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る