• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

オールスター戦を画面端に追いやる中継があるか、ばかたれ!

 今年のプロ野球オールスター中継は昨年同様テレビ朝日系列だった。去年はどういう魂胆だか、セ・パを代表する選手たちの白熱の試合を「たいっっっへん残念ですが放送時間がなくなりました」と途中で打ち切って定時の刑事ドラマに切り替えて視聴者はぶっ飛んだ。熱烈なプロ野球ファンである視聴者はテレビ朝日に抗議の電話ひきも切らず(わたくしも電話したが、つながらんかったからたぶんそうだと思う)。

 さすがに途中で打ち切るのはまずいと思ったか、昨年はやらなかったBS放送で試合終了までやった。やるにはやったのだが……。

 まあ次から次へゲストを招いたり割り込みリポーターのベンチ裏リポートやら、うるせえやかましいさしでがましい。

 何回の裏やら表やら、試合進行そっちのけで入る入るインタビュー!

「放送席放送席! 先ほどホームランを打ったロッテの清田選手に来ていただきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る