もはや下品の域 横綱・白鵬が逸ノ城に“アッパー”でダメ押し

公開日: 更新日:

 見苦しいどころか、下品、不快ですらあった。

 横綱としての品格など最初から持ち合わせていない白鵬(30)が、9日目の逸ノ城戦でまたやらかした。

 立ち合いで張り差しから右四つに組むと、その後は慎重に寄り切り。勝負がついたのを確認するや、右手でノド輪のように逸ノ城のアゴを下から突き上げてアッパーを見舞うと、そのまま相手の顔を見ようともせず、さらに腕を伸ばして突き飛ばしたのだ。

 白鵬は過去にもヒジ打ちや土俵下でのダメ押しなど、品のない行為をこれでもかとやってきた。しかし、この日の「ダメ押し」ほど悪質だったことはない。

 ある角界OBは「思うものはあったのだろうが……」と、こう話す。

「逸ノ城といえば話題になるのはダイエットばかり。一向に伸びないモンゴルの後輩に苛立っていたことはあるだろう。白鵬は巡業でも逸ノ城をよく“可愛がって”いるので、稽古場でのダメ押しはよく見る光景ではある。ただ、本場所と稽古場は違う。横綱はおろか、平幕の力士でも本割でこんな行為をした者はいませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  4. 4

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    小池氏“地元”池袋で有力者と集会出席…選挙優先で支持固め

もっと見る