もはや下品の域 横綱・白鵬が逸ノ城に“アッパー”でダメ押し

公開日:  更新日:

 見苦しいどころか、下品、不快ですらあった。

 横綱としての品格など最初から持ち合わせていない白鵬(30)が、9日目の逸ノ城戦でまたやらかした。

 立ち合いで張り差しから右四つに組むと、その後は慎重に寄り切り。勝負がついたのを確認するや、右手でノド輪のように逸ノ城のアゴを下から突き上げてアッパーを見舞うと、そのまま相手の顔を見ようともせず、さらに腕を伸ばして突き飛ばしたのだ。

 白鵬は過去にもヒジ打ちや土俵下でのダメ押しなど、品のない行為をこれでもかとやってきた。しかし、この日の「ダメ押し」ほど悪質だったことはない。

 ある角界OBは「思うものはあったのだろうが……」と、こう話す。

「逸ノ城といえば話題になるのはダイエットばかり。一向に伸びないモンゴルの後輩に苛立っていたことはあるだろう。白鵬は巡業でも逸ノ城をよく“可愛がって”いるので、稽古場でのダメ押しはよく見る光景ではある。ただ、本場所と稽古場は違う。横綱はおろか、平幕の力士でも本割でこんな行為をした者はいませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る