横綱白鵬の“愛人騒動”も黙殺…奔放すぎる力士の下半身

公開日:  更新日:

 4月28日発売の「週刊文春」で愛人の存在をすっぱ抜かれた横綱白鵬(30)。乱暴な相撲だけでなくプライベートでの“素行不良”も明らかになったが、角界ではほとんど話題になっていない。

 というのも、角界では愛人を持つ力士は掃いて捨てるほどいたからだ。最も有名なのが戦前に名横綱と呼ばれた常陸山。愛人、子供ともに数ダースはいたという豪傑だ。初代若乃花も韓国人の愛人との間に子供をつくっている。08年には不祥事再発防止の研修会で、「妻以外の女性とセックスする時は必ずコンドームをつけましょう」と講習が行われたこともあるほど。それだけ力士の下半身は奔放ということである。

 58年に年6場所になり、大阪、名古屋、福岡と定期的に行ける「地方出張」も増えた。それだけに愛人をつくる力士は多い。

 30日は伊勢ケ浜部屋へ出稽古に赴いて汗を流した白鵬。夜は愛人の住むマンションで別の汗を流したのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る