横綱白鵬の“愛人騒動”も黙殺…奔放すぎる力士の下半身

公開日:  更新日:

 4月28日発売の「週刊文春」で愛人の存在をすっぱ抜かれた横綱白鵬(30)。乱暴な相撲だけでなくプライベートでの“素行不良”も明らかになったが、角界ではほとんど話題になっていない。

 というのも、角界では愛人を持つ力士は掃いて捨てるほどいたからだ。最も有名なのが戦前に名横綱と呼ばれた常陸山。愛人、子供ともに数ダースはいたという豪傑だ。初代若乃花も韓国人の愛人との間に子供をつくっている。08年には不祥事再発防止の研修会で、「妻以外の女性とセックスする時は必ずコンドームをつけましょう」と講習が行われたこともあるほど。それだけ力士の下半身は奔放ということである。

 58年に年6場所になり、大阪、名古屋、福岡と定期的に行ける「地方出張」も増えた。それだけに愛人をつくる力士は多い。

 30日は伊勢ケ浜部屋へ出稽古に赴いて汗を流した白鵬。夜は愛人の住むマンションで別の汗を流したのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る