球児、監督だけじゃない 甲子園開幕にプロスカウト戦々恐々

公開日: 更新日:

「派手なプレーなんてしなくたって構わない。ただ、いつも通りの動きを見せてくれれば、それでいいんだ。ホント、頼むよ。こっちは祈るような心境なんだから」

 こう言って深~いタメ息をついたのは、西の方のプロ球団のあるスカウトだ。夏の甲子園に緊張しているのは、出場校の選手とは限らない。プロ球団のスカウトの中にも、戦々恐々なのがいる。

 夏の甲子園を前に、各球団ともチェックすべき選手のリストをつくる。各地区の担当スカウトがピックアップした選手がもとになっている。その選手の実力をフロント幹部以下、複数のスカウトたちが見極める。ピックアップした選手が大したことなかったり、逆にピックアップしていない中に掘り出し物がいたりすれば、担当スカウトは赤っ恥。選手を見る目を疑われることになる。

「いや、地区予選でマズいことがあった直後だけにね……」と冒頭のスカウトがアタマをかきながらこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る