球児、監督だけじゃない 甲子園開幕にプロスカウト戦々恐々

公開日:  更新日:

「派手なプレーなんてしなくたって構わない。ただ、いつも通りの動きを見せてくれれば、それでいいんだ。ホント、頼むよ。こっちは祈るような心境なんだから」

 こう言って深~いタメ息をついたのは、西の方のプロ球団のあるスカウトだ。夏の甲子園に緊張しているのは、出場校の選手とは限らない。プロ球団のスカウトの中にも、戦々恐々なのがいる。

 夏の甲子園を前に、各球団ともチェックすべき選手のリストをつくる。各地区の担当スカウトがピックアップした選手がもとになっている。その選手の実力をフロント幹部以下、複数のスカウトたちが見極める。ピックアップした選手が大したことなかったり、逆にピックアップしていない中に掘り出し物がいたりすれば、担当スカウトは赤っ恥。選手を見る目を疑われることになる。

「いや、地区予選でマズいことがあった直後だけにね……」と冒頭のスカウトがアタマをかきながらこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る