男子100m背泳ぎの入江陵介は6位惨敗 リオ五輪に黄信号

公開日:  更新日:

 ロンドン五輪銅メダリストの低迷が浮き彫りになった。

 水泳の世界選手権は4日(日本時間5日未明)、男子100メートル背泳ぎなどが行われ、ロンドン五輪3位の入江陵介(25)が53秒10で6位に終わった。

 前回大会では100、200メートルとも4位に終わり、復活を期して臨んだ今大会。最初の種目である100メートルは後半の追い上げがきかず、優勝したミッチ・ラーキン(オーストラリア)とは1秒近くも離されてゴールした。

 レース後の入江は「集中してやり切ったので、ただ弱いなという感じ」と自らの不甲斐なさを口にした。

 今回の惨敗で入江のリオ五輪出場は厳しくなってきた。日本水連は今大会の結果を受けて来年のリオ五輪の派遣標準記録を設定する方針だ。全種目での表彰台を狙う日本は毎回、ハイレベルなタイムを設定する傾向にある。前回のロンドン五輪の派遣標準記録は54秒09。今回の入江はクリアしたものの、メダルライン(52秒59)はもちろん、入賞ライン(53秒06)にさえ届かなかった。水連は前回を上回る派遣標準記録を設定するとみられるだけに、入江のリオ五輪出場は現段階では絶望的だ。

 入江は「あさっての200メートルに向けて切り替えたい」と話したが、得意種目で復活をアピールできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る