男子100m背泳ぎの入江陵介は6位惨敗 リオ五輪に黄信号

公開日:  更新日:

 ロンドン五輪銅メダリストの低迷が浮き彫りになった。

 水泳の世界選手権は4日(日本時間5日未明)、男子100メートル背泳ぎなどが行われ、ロンドン五輪3位の入江陵介(25)が53秒10で6位に終わった。

 前回大会では100、200メートルとも4位に終わり、復活を期して臨んだ今大会。最初の種目である100メートルは後半の追い上げがきかず、優勝したミッチ・ラーキン(オーストラリア)とは1秒近くも離されてゴールした。

 レース後の入江は「集中してやり切ったので、ただ弱いなという感じ」と自らの不甲斐なさを口にした。

 今回の惨敗で入江のリオ五輪出場は厳しくなってきた。日本水連は今大会の結果を受けて来年のリオ五輪の派遣標準記録を設定する方針だ。全種目での表彰台を狙う日本は毎回、ハイレベルなタイムを設定する傾向にある。前回のロンドン五輪の派遣標準記録は54秒09。今回の入江はクリアしたものの、メダルライン(52秒59)はもちろん、入賞ライン(53秒06)にさえ届かなかった。水連は前回を上回る派遣標準記録を設定するとみられるだけに、入江のリオ五輪出場は現段階では絶望的だ。

 入江は「あさっての200メートルに向けて切り替えたい」と話したが、得意種目で復活をアピールできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る