• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子100m背泳ぎの入江陵介は6位惨敗 リオ五輪に黄信号

 ロンドン五輪銅メダリストの低迷が浮き彫りになった。

 水泳の世界選手権は4日(日本時間5日未明)、男子100メートル背泳ぎなどが行われ、ロンドン五輪3位の入江陵介(25)が53秒10で6位に終わった。

 前回大会では100、200メートルとも4位に終わり、復活を期して臨んだ今大会。最初の種目である100メートルは後半の追い上げがきかず、優勝したミッチ・ラーキン(オーストラリア)とは1秒近くも離されてゴールした。

 レース後の入江は「集中してやり切ったので、ただ弱いなという感じ」と自らの不甲斐なさを口にした。

 今回の惨敗で入江のリオ五輪出場は厳しくなってきた。日本水連は今大会の結果を受けて来年のリオ五輪の派遣標準記録を設定する方針だ。全種目での表彰台を狙う日本は毎回、ハイレベルなタイムを設定する傾向にある。前回のロンドン五輪の派遣標準記録は54秒09。今回の入江はクリアしたものの、メダルライン(52秒59)はもちろん、入賞ライン(53秒06)にさえ届かなかった。水連は前回を上回る派遣標準記録を設定するとみられるだけに、入江のリオ五輪出場は現段階では絶望的だ。

 入江は「あさっての200メートルに向けて切り替えたい」と話したが、得意種目で復活をアピールできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る