遼が今季11度目予選落ち 米ツアー「来季シード」へ崖っぷち

公開日: 更新日:

 6月の全米オープンから8週連続出場だった石川遼(23)が先週の「バラクーダ選手権」で今季11度目の予選落ち。それまでフェデックスランク125位につけて、来季シード権とプレーオフ進出の当落線上にいたが、ランクを1つ下げて126位に後退した。

 石川は今週のメジャー、全米プロには出場できず、残る試合はウィンダム選手権(20日開幕)のみ。

 2014-15年シーズンはウィンダム選手権が終わった時点でフェデックス125位に入らなければプレーオフ初戦のザ・バークレーズ(27~30日)に出場できない。その後は2戦目のドイツ銀行選手権(9月4~7日・ランク100位内)、BMW選手権(9月17~20日・70位内)、最終戦のツアー選手権(9月24~27日・30位内)と出場選手が絞られて続くが、松山英樹は最終戦まで出場安泰とみられる一方で、石川の今シーズン終了は早まりそうだ。気になるのは、その後だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る