最悪なら全英欠場も…錦織にのしかかる過酷な「試合ノルマ」

公開日: 更新日:

 男子テニスの錦織圭(25)が、20日のゲリー・ウェバー・オープン(独・ハレ)準決勝で左足ふくらはぎ痛を理由に棄権した。マネジメント会社が22日、トレーナーが「ふくらはぎの筋膜炎」と診断したことを明らかにした。詳しい検査を行った上で、29日英国で開幕するウィンブルドン選手権の出場について判断するという。

 ゲリー・ウェバー・オープン準決勝では、試合序盤から全く足が動かず、棒立ちで相手にリターンを許す姿からは患部が相当痛かったことが想像できる。本人は試合後の会見で「朝起きて凄く痛みがあった。でも、大きなケガではないと思う」とは言ったものの、今大会は初戦からビッグサーバーに苦戦するシーンが目立っていた。左足が悲鳴を上げたとなれば、現地時間29日から始まるウィンブルドン(全英オープン)では好成績は望めない。

 芝のコートで行われるウィンブルドンは、球足が速くバウンドが弾まないため、錦織のような精度の高いストロークでで勝負するタイプが持ち味を発揮するには、どうしても下半身への負担が増すことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る