錦織ツアー10勝で世界4位 全米オープンのドローに好影響

公開日:  更新日:

 最高の形で復帰戦を終えた。

 テニスのシティ・オープン(米・ワシントン)は9日(日本時間10日)、男子シングルス決勝を行い、世界ランク5位で第2シードの錦織圭(25)が同18位のジョン・イスナー(30=米国)を2-1で下し、今季ツアー3勝目、通算10勝目をマーク。ウィンブルドンの2回戦で痛めた左ふくらはぎの故障からの完全復活をアピールした。

 今年4月のマイアミ・オープン準々決勝でストレート負けした身長2メートル8センチのビッグサーバー相手に堂々と渡り合った。第1セットこそ、最速200キロ超の高速で角度のあるサーブにてこずり先取されたが、第2セットで巻き返す。

 1ゲーム目でいきなりブレークを奪うと、その後はサービスをキープし、このセットを6-4で制す。第3セットも3ゲーム目をブレークして、その後は正確なショットで相手を翻弄。計18本のサービスエースを決められるなど相手のパワーに押されながらも、接戦を制した。マイアミOPでは一方的に攻められた相手に雪辱を果たした。同時にクルム伊達公子(9勝)を上回り、日本人選手最多となる10個目のタイトルを手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る