• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“死のロード”も好調阪神 和田監督の頭の中は「貯金10」のみ

 首位阪神は同点の八回、狩野の勝ち越し弾に今成の2点適時打で3点を奪い中日に3連勝。DeNA戦からの5連勝で2位ヤクルトとのゲーム差は2.5に広がった。

 甲子園を高校球児に明け渡してから7勝2敗と好調の阪神。和田監督の頭にあるのは、ある数字だけらしい。

 阪神は14日からヤクルト、巨人、DeNA、広島と戦って、28日から甲子園に戻ってヤクルトを迎え撃つ。その時点で2位との差がどうであろうと、和田監督は貯金を2ケタに乗せておきたい。貯金2ケタでホームに戻れば目先の勝利にこだわらず、腰を据えた戦いができる。山場となる9月は余力を残している方が絶対有利だからだ。貯金にこだわるのは岡田元監督の考えとも一致する。

 計算の上では甲子園に戻る前の4カードで貯金をたったの3つ増やすだけで「大台」に乗るわけだが、そう簡単にいかないのが今年のセ・リーグだ。雨天中止がなければ、甲子園に帰った時の残り試合は27。その時貯金が2ケタになっていれば、いよいよ阪神ファンも本気になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る