“死のロード”も好調阪神 和田監督の頭の中は「貯金10」のみ

公開日:  更新日:

 首位阪神は同点の八回、狩野の勝ち越し弾に今成の2点適時打で3点を奪い中日に3連勝。DeNA戦からの5連勝で2位ヤクルトとのゲーム差は2.5に広がった。

 甲子園を高校球児に明け渡してから7勝2敗と好調の阪神。和田監督の頭にあるのは、ある数字だけらしい。

 阪神は14日からヤクルト、巨人、DeNA、広島と戦って、28日から甲子園に戻ってヤクルトを迎え撃つ。その時点で2位との差がどうであろうと、和田監督は貯金を2ケタに乗せておきたい。貯金2ケタでホームに戻れば目先の勝利にこだわらず、腰を据えた戦いができる。山場となる9月は余力を残している方が絶対有利だからだ。貯金にこだわるのは岡田元監督の考えとも一致する。

 計算の上では甲子園に戻る前の4カードで貯金をたったの3つ増やすだけで「大台」に乗るわけだが、そう簡単にいかないのが今年のセ・リーグだ。雨天中止がなければ、甲子園に帰った時の残り試合は27。その時貯金が2ケタになっていれば、いよいよ阪神ファンも本気になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る