体重管理だけじゃない…逸ノ城の評価さらにガタ落ちの理由

公開日:  更新日:

 共にザンバラ髪のデビューで人気を博した遠藤(24)と逸ノ城(22)。ここ数場所はめっきり影が薄くなった両者だが、ここにきて明暗がくっきり分かれ始めた。

 株を上げているのが遠藤だ。5日の伊勢ケ浜一門の連合稽古では平幕でトップとなる20番を取り、白鵬、日馬富士、照ノ富士の横綱、大関陣からも指名された。3月場所で左ヒザに全治2カ月の重傷を負うも、手術はせずに復帰。先場所は10勝5敗だった。

 ある角界OBは「9月場所で遠藤は前頭7枚目。普通に考えれば上位とは当たらないが」とこう言う。

「上位陣はそれだけ遠藤の回復ぶりをチェックしたいのだろう。デビュー当初の遠藤はパワーがなく、立ち合いの圧力不足が弱点だった。それがリハビリで下半身の筋肉を徹底的に鍛えたからか、7月場所は2ケタ白星。もともと技術と相撲アタマは上位陣にもひけを取らないだけに、力強い立ち合いが出来るようになれば横綱をも脅かしかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る