体重管理だけじゃない…逸ノ城の評価さらにガタ落ちの理由

公開日: 更新日:

 共にザンバラ髪のデビューで人気を博した遠藤(24)と逸ノ城(22)。ここ数場所はめっきり影が薄くなった両者だが、ここにきて明暗がくっきり分かれ始めた。

 株を上げているのが遠藤だ。5日の伊勢ケ浜一門の連合稽古では平幕でトップとなる20番を取り、白鵬、日馬富士、照ノ富士の横綱、大関陣からも指名された。3月場所で左ヒザに全治2カ月の重傷を負うも、手術はせずに復帰。先場所は10勝5敗だった。

 ある角界OBは「9月場所で遠藤は前頭7枚目。普通に考えれば上位とは当たらないが」とこう言う。

「上位陣はそれだけ遠藤の回復ぶりをチェックしたいのだろう。デビュー当初の遠藤はパワーがなく、立ち合いの圧力不足が弱点だった。それがリハビリで下半身の筋肉を徹底的に鍛えたからか、7月場所は2ケタ白星。もともと技術と相撲アタマは上位陣にもひけを取らないだけに、力強い立ち合いが出来るようになれば横綱をも脅かしかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る