体重管理だけじゃない…逸ノ城の評価さらにガタ落ちの理由

公開日: 更新日:

 共にザンバラ髪のデビューで人気を博した遠藤(24)と逸ノ城(22)。ここ数場所はめっきり影が薄くなった両者だが、ここにきて明暗がくっきり分かれ始めた。

 株を上げているのが遠藤だ。5日の伊勢ケ浜一門の連合稽古では平幕でトップとなる20番を取り、白鵬日馬富士照ノ富士の横綱、大関陣からも指名された。3月場所で左ヒザに全治2カ月の重傷を負うも、手術はせずに復帰。先場所は10勝5敗だった。

 ある角界OBは「9月場所で遠藤は前頭7枚目。普通に考えれば上位とは当たらないが」とこう言う。

「上位陣はそれだけ遠藤の回復ぶりをチェックしたいのだろう。デビュー当初の遠藤はパワーがなく、立ち合いの圧力不足が弱点だった。それがリハビリで下半身の筋肉を徹底的に鍛えたからか、7月場所は2ケタ白星。もともと技術と相撲アタマは上位陣にもひけを取らないだけに、力強い立ち合いが出来るようになれば横綱をも脅かしかねない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る