逸ノ城が崖っぷち 「ただの巨漢力士」に成り下がった元凶は?

公開日:  更新日:

「100年に1人の逸材」と呼ばれた頃の面影はない。

 7月場所で4勝11敗と大きく負け越し、関脇からの転落が確実な逸ノ城(22)。最近はすっかり影が薄くなり、話題になるのは体重の増加や、稽古でコテンパンにされたことばかりだ。

 17日の岩手巡業でも先輩力士からボロクソに言われた。土俵際で力を抜いてしまうクセがいまだに直らず、横綱白鵬(30)が「本場所でもそのクセは出るぞ」とダメ出し。稽古をつけた大関照ノ富士(23)を「アイツを引き上げようという気持ちが伝わってないんだろうか」と失望させるありさまだ。

 昨年9月場所で2大関1横綱を破って13勝2敗と鮮烈なデビューを飾ったのも、遠い日にすら思える。「将来の横綱」だ何だと言われていたのがウソのようだ。

 逸ノ城は他に幕内力士がいない湊部屋所属。これが成長を止めているといわれるが、横綱白鵬だって自身以外はパッとしない宮城野部屋所属だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る