日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また体重増203.5キロ! 逸ノ城の「ヒザ故障」に深刻懸念

 角界で「未来の横綱」と期待されている逸ノ城(21)が“記録”を塗り替えた。といっても、相撲の話ではない。ベスト体重をまたも超過したのだから、喜べない話だ。

 4日に国技館で行われた力士の健康診断。巨漢の逸ノ城が体重計に乗ると、なんと203.5キロ。これまで自己最重量だった昨年12月の202キロから、さらに1.5キロ増えていたのだ。

 逸ノ城がかつて語っていたところによると、ベスト体重は185キロ。それが昨年9月の新入幕の時点で195キロとなり、減るどころか増え続けている。初場所では重過ぎる体重をもてあまし、6勝9敗と自身初の負け越しを喫した。

 本人は、「思っていたより少なかった。210キロくらいかと思っていたから」とほほ笑んだが、それこそ笑いごとじゃない。このままではヒザを壊すのも時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事