あり得ない“ローカルルール”から見えてくる日本ゴルフ事情

公開日: 更新日:

 日本のゴルフ場には、世界ではおおよそあり得ないヘンなローカルルールがある。

 例えば、パー3で1打目を池ポチャすると、救済措置として前進3打目は、グリーンのすぐ横からパターで打てるなんてところがある。

 ドライバーを曲げて、ブッシュに入れてボールがなくなってしまっても、3打目はブッシュの真横からで、しかもフェアウエー真ん中でもOKなんていうコースもあったりする。

 また「グリーン上ではパター以外のクラブの使用を禁止する」というのもおかしな話だ。よく米ツアープロがラウンド中に怒ってパターをへし折って、それから後はウッドでパットするケースがある。パター以外がダメならもうプレーできないことになる。

 OB(アウトオブバウンズ)というのは本来、ゴルフ場と周辺地域を隔てる境界側(コース外周)に設定されるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  3. 3

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  4. 4

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  7. 7

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

  8. 8

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  9. 9

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  10. 10

    岸部四郎さんは楽器できず…タンバリンに音が出ない細工を

もっと見る