あり得ない“ローカルルール”から見えてくる日本ゴルフ事情

公開日:  更新日:

 日本のゴルフ場には、世界ではおおよそあり得ないヘンなローカルルールがある。

 例えば、パー3で1打目を池ポチャすると、救済措置として前進3打目は、グリーンのすぐ横からパターで打てるなんてところがある。

 ドライバーを曲げて、ブッシュに入れてボールがなくなってしまっても、3打目はブッシュの真横からで、しかもフェアウエー真ん中でもOKなんていうコースもあったりする。

 また「グリーン上ではパター以外のクラブの使用を禁止する」というのもおかしな話だ。よく米ツアープロがラウンド中に怒ってパターをへし折って、それから後はウッドでパットするケースがある。パター以外がダメならもうプレーできないことになる。

 OB(アウトオブバウンズ)というのは本来、ゴルフ場と周辺地域を隔てる境界側(コース外周)に設定されるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る