• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

遊びの精神が見えぬ天ぷらホームラン

 ヤクルトの山田が、実は長距離打者だったとは! 彼は誰が見ても中距離打者のはず。

「あの数字は神宮球場だからであって、パ・リーグじゃ1個もタイトルは取れないサ」とやっかむ声もある。たしかに……。

 神宮球場は狭い。他の球場なら外野フライでもホームランになる。それを言うならパ・リーグ、ホークスの松田は今シーズンいきなり30本を超すホームランを打っちゃいるが、3本に1本は今年から「さあどうぞ入れてちょうだい」と狭めた外野席最前列に「助けてもらった」天ぷらホームランじゃねえか。

 この傾向は土地の限られた日本の球場ならでは。観客席を増やすのは内側へ、内側へ。野球ファンにしてみれば猫も杓子もホームランをポンポン打って面白いのかもしれないが、優秀な投手には気の毒なことである。日本ハムの大谷や阪神の藤浪が150キロ後半の剛速球を投げ込もうとも、日頃から160キロ超のピッチングマシンで練習ができるうえ、球場は狭くなる。不公平ではないかッ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る