リオ切符の新体操 メダルの鍵は「正確性とコンビネーション」

公開日:  更新日:

 五輪での上位進出は厳しいとみられていた競技が一転、メダル候補に浮上である。

 新体操の世界選手権(ドイツ・シュツットガルト)で5位入賞を果たした新体操団体の日本代表(フェアリージャパン・ポーラ)のことだ。

 15日、8位以内に与えられる来年のリオ五輪出場権を土産に帰国。団体の種目別リボン(非五輪種目)では40年ぶりに銅メダルを獲得するなど結果を残した。

 会見した日本体操協会の山崎浩子本部長(ロス五輪代表)は「団体を05年から本格的に強化して10年。世界選手権で高得点を得て、日本もメダルを取れることをアピールできた」と手応えを口にした。

 10年からはロシア人コーチの指導を受けてきた日本代表は今大会、ほぼノーミスの5位とはいえ、3位スペインとはわずか0.218点差、4位イタリアとは0.1点差だ。このわずか0.218点差についてチームの主将を務める杉本早裕吏(19)は「相手よりも正確性を高めて0.1点ずつ上げていけば上位に行ける」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る