リオ切符の新体操 メダルの鍵は「正確性とコンビネーション」

公開日:  更新日:

 五輪での上位進出は厳しいとみられていた競技が一転、メダル候補に浮上である。

 新体操の世界選手権(ドイツ・シュツットガルト)で5位入賞を果たした新体操団体の日本代表(フェアリージャパン・ポーラ)のことだ。

 15日、8位以内に与えられる来年のリオ五輪出場権を土産に帰国。団体の種目別リボン(非五輪種目)では40年ぶりに銅メダルを獲得するなど結果を残した。

 会見した日本体操協会の山崎浩子本部長(ロス五輪代表)は「団体を05年から本格的に強化して10年。世界選手権で高得点を得て、日本もメダルを取れることをアピールできた」と手応えを口にした。

 10年からはロシア人コーチの指導を受けてきた日本代表は今大会、ほぼノーミスの5位とはいえ、3位スペインとはわずか0.218点差、4位イタリアとは0.1点差だ。このわずか0.218点差についてチームの主将を務める杉本早裕吏(19)は「相手よりも正確性を高めて0.1点ずつ上げていけば上位に行ける」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る