リオも惨敗必至 日本男子マラソンが“純潔主義”と決別する日

公開日:  更新日:

 当然の結果だ。

 22日に開幕した世界陸上北京大会。同日午前に行われた男子マラソンでは、藤原正和(34)が21位、前田和浩(34)は40位と大惨敗。同競技で日本は、99年から連続入賞を続けていたが8大会で途切れた。この結果に日本陸連の宗猛男子マラソン部長(62)は、「世界と凄く力の差を感じた。若くて勢いのある選手がマラソンに挑戦して、そこから暑さに強い選手を選べば、まだチャンスはある。現状の選手で勝負するのは厳しい」と言ったが、今更何を言ってるのか。

 国内の若い長距離選手、つまり大学生は、箱根駅伝を重視し、駅伝に入魂する。20歳前後で福岡や別府大分、東京、びわ湖などの主要マラソン大会に出場する学生は皆無といっていい。毎年正月に大きく報じられ、テレビ視聴率も高い箱根駅伝が、「日本のマラソンをダメにしている」と言われて久しい。高岡寿成・現カネボウ陸上部監督が02年のシカゴ・マラソンで出した2時間6分16秒の時計が現在も日本記録であり、それ以後6分台で走った選手はいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る