リオも惨敗必至 日本男子マラソンが“純潔主義”と決別する日

公開日: 更新日:

 当然の結果だ。

 22日に開幕した世界陸上北京大会。同日午前に行われた男子マラソンでは、藤原正和(34)が21位、前田和浩(34)は40位と大惨敗。同競技で日本は、99年から連続入賞を続けていたが8大会で途切れた。この結果に日本陸連の宗猛男子マラソン部長(62)は、「世界と凄く力の差を感じた。若くて勢いのある選手がマラソンに挑戦して、そこから暑さに強い選手を選べば、まだチャンスはある。現状の選手で勝負するのは厳しい」と言ったが、今更何を言ってるのか。

 国内の若い長距離選手、つまり大学生は、箱根駅伝を重視し、駅伝に入魂する。20歳前後で福岡や別府大分、東京、びわ湖などの主要マラソン大会に出場する学生は皆無といっていい。毎年正月に大きく報じられ、テレビ視聴率も高い箱根駅伝が、「日本のマラソンをダメにしている」と言われて久しい。高岡寿成・現カネボウ陸上部監督が02年のシカゴ・マラソンで出した2時間6分16秒の時計が現在も日本記録であり、それ以後6分台で走った選手はいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る