• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人とオリに信奉者多し 引退表明の谷佳知めぐり“争奪戦”

 現役引退を表明したオリックスの谷佳知(42)を復帰させる――。巨人にこんな動きがあるという。

 97年にオリックスに入団。03年に最多安打のタイトルを獲得した。07年に巨人へトレード移籍し、同年からのリーグ3連覇に貢献。13年オフに古巣のオリックスに復帰してプロ19年間で1927安打を放った。

 在籍したオリックス、巨人にも信奉者が多い。かつてはイチロー(マーリンズ)と共に一時代を築いただけに、オリックスの瀬戸山球団本部長も「野球に対する姿勢が素晴らしい。いろいろと考えている」とコーチなどのポストを用意することを示唆しているが、リーグ最低のチーム打率.243の歴史的貧打にあえぐ巨人だって黙ってはいない。「しっかり技術を教えられるコーチを探しているからです」と巨人の球団関係者がこう言う。

「谷は寡黙なタイプで酒も飲まないから、選手同士でつるまないと思われがちだけど、打撃論になると冗舌になる。天才的なバットコントロールとミート技術には定評があって、羨望のまなざしで見ている選手もいた。かつては李承燁、高橋由、阿部といった4番経験者がアドバイスを求めたこともあるほど。実は頼りにされる存在だった。自宅だって東京にあるしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る