• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クラマー氏追悼特別寄稿 釜本邦茂氏「志を伝えていきたい」

 90歳のクラマーさんが17日、お亡くなりになった。子どものような日本サッカーを「父」のように温かく、時に厳しく見守っていただいた。高齢のクラマーさんとのお別れは「いつかやってくるもの」と覚悟はしていたが、実際に訃報に接すると悲しくてたまらない。

 1960年、日本代表強化のために来日したクラマーさんは、当時世界最高峰のドイツサッカーの哲学を伝えてくれ、実技指導では自らが素晴らしい手本となった。日本の64年東京五輪8強、68年メキシコ五輪銅メダルの功労者である。私が東京五輪のメンバーに入ると、そのクラマーさんから「このままでは北海道の熊で終わってしまうぞ」と言われた。

「ボールを受けてから振り向くスピードが遅い。南米の選手は『イチ!』で、欧州の選手は『イチ、ニ!』で振り向き、相手ゴールに向かう。でも、カマモトの場合は『イチ、ニのサン!』だ。まるでノソノソ歩いている北海道の熊のようだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る