• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クラマー氏追悼特別寄稿 釜本邦茂氏「志を伝えていきたい」

 90歳のクラマーさんが17日、お亡くなりになった。子どものような日本サッカーを「父」のように温かく、時に厳しく見守っていただいた。高齢のクラマーさんとのお別れは「いつかやってくるもの」と覚悟はしていたが、実際に訃報に接すると悲しくてたまらない。

 1960年、日本代表強化のために来日したクラマーさんは、当時世界最高峰のドイツサッカーの哲学を伝えてくれ、実技指導では自らが素晴らしい手本となった。日本の64年東京五輪8強、68年メキシコ五輪銅メダルの功労者である。私が東京五輪のメンバーに入ると、そのクラマーさんから「このままでは北海道の熊で終わってしまうぞ」と言われた。

「ボールを受けてから振り向くスピードが遅い。南米の選手は『イチ!』で、欧州の選手は『イチ、ニ!』で振り向き、相手ゴールに向かう。でも、カマモトの場合は『イチ、ニのサン!』だ。まるでノソノソ歩いている北海道の熊のようだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事