クラマー氏追悼特別寄稿 釜本邦茂氏「志を伝えていきたい」

公開日: 更新日:

 90歳のクラマーさんが17日、お亡くなりになった。子どものような日本サッカーを「父」のように温かく、時に厳しく見守っていただいた。高齢のクラマーさんとのお別れは「いつかやってくるもの」と覚悟はしていたが、実際に訃報に接すると悲しくてたまらない。

 1960年、日本代表強化のために来日したクラマーさんは、当時世界最高峰のドイツサッカーの哲学を伝えてくれ、実技指導では自らが素晴らしい手本となった。日本の64年東京五輪8強、68年メキシコ五輪銅メダルの功労者である。私が東京五輪のメンバーに入ると、そのクラマーさんから「このままでは北海道の熊で終わってしまうぞ」と言われた。

「ボールを受けてから振り向くスピードが遅い。南米の選手は『イチ!』で、欧州の選手は『イチ、ニ!』で振り向き、相手ゴールに向かう。でも、カマモトの場合は『イチ、ニのサン!』だ。まるでノソノソ歩いている北海道の熊のようだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  6. 6

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  7. 7

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る