W杯2勝でも拭えないラグビー日本「外国人ばかり」の違和感

公開日: 更新日:

 ラグビーW杯で日本代表(世界ランク12位)は、3日のサモア戦(同11位)に26-5で勝利。翌日のスポーツ紙は「歴史的2勝」「快挙」「8強行く」と、ワールドカップ初の2勝を大きくと報じていたが、この試合も勝利に貢献したのは多くの「外国出身選手」だった。

 今さらではあるが、今回の日本代表メンバー31人中、10人が他国出身の選手だ。主将のリーチ・マイケル(フランカー・ニュージーランド出身)やツイ・ヘンドリック(同)、ホラニ龍コリニアシ(ナンバー8・トンガ)のように、今は日本国籍を取得している者が5人。他に、マレ・サウ(スタンドオフ・ニュージーランド)、カーン・ヘスケス(ウイング・同)、クレイグ・ウィング(センター・オーストラリア)など、日本国籍を有しない者も5人いる。

 ラグビーの各国の代表は、「国籍主義」ではなく、「所属協会主義」になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  6. 6

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る