• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯2勝でも拭えないラグビー日本「外国人ばかり」の違和感

 ラグビーW杯で日本代表(世界ランク12位)は、3日のサモア戦(同11位)に26-5で勝利。翌日のスポーツ紙は「歴史的2勝」「快挙」「8強行く」と、ワールドカップ初の2勝を大きくと報じていたが、この試合も勝利に貢献したのは多くの「外国出身選手」だった。

 今さらではあるが、今回の日本代表メンバー31人中、10人が他国出身の選手だ。主将のリーチ・マイケル(フランカー・ニュージーランド出身)やツイ・ヘンドリック(同)、ホラニ龍コリニアシ(ナンバー8・トンガ)のように、今は日本国籍を取得している者が5人。他に、マレ・サウ(スタンドオフ・ニュージーランド)、カーン・ヘスケス(ウイング・同)、クレイグ・ウィング(センター・オーストラリア)など、日本国籍を有しない者も5人いる。

 ラグビーの各国の代表は、「国籍主義」ではなく、「所属協会主義」になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る