• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上海マスターズ 錦織初戦の相手キリオスは“札付き”の問題児

 厄介な試合になりそうである。

 11日に開幕した上海マスターズに2回戦から出場する錦織圭(25=世界ランク6位)の初戦の相手が豪州のN・キリオス(20)に決定。世界32位のツアー未勝利選手ながら、ここ2年間でナダル、ラオニッチ、フェデラーらランキング上位者を次々に撃破する新鋭だ。次世代のスター候補と期待される一方で、それ以上に名を馳せるのが、その「悪童」ぶりである。

 今年8月のロジャーズ・カップでは、対戦相手のワウリンカに対し試合中に暴言ほ放ち挑発。これがテレビのマイクに拾われて大問題となり、2万5000ドルの罰金と執行猶予つきの出場停止処分を受けた。

 試合中に主審を口汚く罵るのは日常茶飯事。気性が激しく、ラケットを地面に叩きつけて破壊したり、ヤジを飛ばす観客にペットボトルを投げつけたことも。劣勢になるとやる気のないプレーを連発するなど、札付きの問題児として知られる。

 4大大会で2度のベスト8進出という確かな実力もあるだけに、これが初対戦となる錦織にとっては、いろいろな意味で面倒な相手になるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る