上海マスターズ 錦織初戦の相手キリオスは“札付き”の問題児

公開日:  更新日:

 厄介な試合になりそうである。

 11日に開幕した上海マスターズに2回戦から出場する錦織圭(25=世界ランク6位)の初戦の相手が豪州のN・キリオス(20)に決定。世界32位のツアー未勝利選手ながら、ここ2年間でナダル、ラオニッチ、フェデラーらランキング上位者を次々に撃破する新鋭だ。次世代のスター候補と期待される一方で、それ以上に名を馳せるのが、その「悪童」ぶりである。

 今年8月のロジャーズ・カップでは、対戦相手のワウリンカに対し試合中に暴言ほ放ち挑発。これがテレビのマイクに拾われて大問題となり、2万5000ドルの罰金と執行猶予つきの出場停止処分を受けた。

 試合中に主審を口汚く罵るのは日常茶飯事。気性が激しく、ラケットを地面に叩きつけて破壊したり、ヤジを飛ばす観客にペットボトルを投げつけたことも。劣勢になるとやる気のないプレーを連発するなど、札付きの問題児として知られる。

 4大大会で2度のベスト8進出という確かな実力もあるだけに、これが初対戦となる錦織にとっては、いろいろな意味で面倒な相手になるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る