• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

アギーレ・ジャパンの4-3-3が気になった

 メキシコ人のアギーレ監督率いる日本代表が始動しました。ウルグアイとベネズエラとの2連戦は勝てなかったけど、今は選手個々がアピールする時期。そういう中で武藤(嘉紀=FC東京)と柴崎(岳=鹿島)の若い2人がゴールという結果を出したのは良かった。

 特に柴崎は、10代の頃から物凄い潜在能力があるといわれていたし、ようやく実力を出し切れたのかな。彼らのような将来性のある若手には、早く海外で国際経験を積んでもらいたいですね。

 ボクは23歳でフランスへ行ったけど、海外でブレークするには年齢的に遅い方。早い方が異国の環境にもすぐ慣れるし、外国人選手とのフィジカルコンタクトを通して球際の激しさ、寄せの厳しさなどにもスムーズに順応できるようになる。

 アギーレ監督の4―3―3の布陣は、完成までにしばらく時間がかかりそう。一番気になったのが、中盤の構成です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る