日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

アギーレ・ジャパンの4-3-3が気になった

 メキシコ人のアギーレ監督率いる日本代表が始動しました。ウルグアイとベネズエラとの2連戦は勝てなかったけど、今は選手個々がアピールする時期。そういう中で武藤(嘉紀=FC東京)と柴崎(岳=鹿島)の若い2人がゴールという結果を出したのは良かった。

 特に柴崎は、10代の頃から物凄い潜在能力があるといわれていたし、ようやく実力を出し切れたのかな。彼らのような将来性のある若手には、早く海外で国際経験を積んでもらいたいですね。

 ボクは23歳でフランスへ行ったけど、海外でブレークするには年齢的に遅い方。早い方が異国の環境にもすぐ慣れるし、外国人選手とのフィジカルコンタクトを通して球際の激しさ、寄せの厳しさなどにもスムーズに順応できるようになる。

 アギーレ監督の4―3―3の布陣は、完成までにしばらく時間がかかりそう。一番気になったのが、中盤の構成です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事