ハンド女子40年ぶり五輪のカギ握る“本場仕込み”の司令塔

公開日:  更新日:

「(ライバルの)韓国を相手に今までやってきたことを全てコートで表現して笑顔あふれる試合をしたい」――。

 15日、ハンドボール女子日本代表がリオ五輪アジア地区予選(20日開幕=愛知・名古屋)に向けての練習を公開。男子高校生を相手に実戦形式の練習を行うなど、約3時間の最終調整を行った。

 76年モントリオール大会以来40年ぶり2度目の五輪出場を目指す日本(世界ランキング13位)にとって最大のライバルは韓国(同8位)。宿敵を倒してアジアに与えられた1つの出場枠獲得の鍵を握るのはCB(センターバック)の石立真悠子(28)だ。

 女子日本リーグの強豪オムロンを経て昨年7月、欧州の有力国の一つであるハンガリーのプロリーグに移籍。166センチと海外勢と比べて小柄ながら所属する「フェヘールバールKC」では欧州の大型選手を相手に体を張ったプレーでチームを牽引した。今回の代表招集にも所属チームが難色を示し、今月に入ってようやく派遣を認めたほどだ。俊敏性と突破力を生かしたオフェンス、ディフェンスに加え、試合をコントロールする能力にも定評がある。栗山雅倫監督(44)も「攻撃面の司令塔」と絶大な信頼を寄せる。

 女子団体ではバスケットボールが04年アテネ大会以来3大会ぶりの五輪出場を決めたばかり。本場仕込みの司令塔・石立は40年ぶりの出場に導けるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る