日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低迷の女子を強化宣言 日本陸連に「勝算あり」の理由

 先の世界選手権(中国・北京)で惨敗に終わった日本陸連が、強化体制の刷新に乗り出した。

 目玉は「女子部」の設置。30日に都内で開かれた理事会で決定後、尾縣貢専務理事は「これまでおろそかだった女子のレベルアップを図る」と意気込んだ。陸連が女子に特化した強化体制を敷くのは初めてのことである。

 国際大会の女子競技で上位入賞が期待できるのは、短距離の福島千里、やり投げの海老原有希の2人ぐらいなもの。マラソンも低迷が続いているが、陸連には勝算があるという。

 7月の世界ユース選手権で100、200メートルの2冠を獲得したガーナ人の父を持つ男子のサニブラウン・ハキーム(16)の陰に隠れて目立たないものの、女子にもハーフ選手の逸材が少なくないからだ。七種競技の日本ジュニア記録保持者で米国人ハーフのヘンプヒル恵(19)、昨年の南京ユース五輪3000メートル金メダルでケニア人ハーフの高松望ムセンビ(18)らは、20年東京五輪での表彰台も期待されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事