上位8人限定出場 錦織のツアーファイナルに「安全圏」なし

公開日:  更新日:

 男子テニスツアーの最終戦(ATPワールドツアーファイナル、英国・ロンドン=11月15~22日)のキップをかけた最終戦出場ランキングが12日に発表された。錦織圭(25)はチャイナ・オープン準優勝のナダル(3970ポイント)に抜かれて7位(3855ポイント)に後退した。

 すでにランク上位の4人(ジョコビッチ、マリー、フェデラー、ワウリンカ)は出場権を得ており、残るキップは4枚だ。錦織は今後、スイス室内(ツアー500=10月26日~11月1日)とパリバ・マスターズ(マスターズ1000=11月2~8日)の2大会に出場予定。

 8位フェレール(3435ポイント)と9位ガスケ(2355ポイント)の差が開いているため、「ケガでもしない限り錦織は大丈夫。安全圏」と見ているファンは多いが、疲れがたまっているツアー終盤はこのケガが一番怖い。昨年のツアーファイナルの決勝では、フェデラーが背中の痛みで棄権してファンをがっかりさせた。

 錦織も残り2試合で、左ふくらはぎや臀部の痛みが再発することも十分にあり得る。今の圭にツアーファイナルに向けての「安全圏」などない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る