上位8人限定出場 錦織のツアーファイナルに「安全圏」なし

公開日:  更新日:

 男子テニスツアーの最終戦(ATPワールドツアーファイナル、英国・ロンドン=11月15~22日)のキップをかけた最終戦出場ランキングが12日に発表された。錦織圭(25)はチャイナ・オープン準優勝のナダル(3970ポイント)に抜かれて7位(3855ポイント)に後退した。

 すでにランク上位の4人(ジョコビッチ、マリー、フェデラー、ワウリンカ)は出場権を得ており、残るキップは4枚だ。錦織は今後、スイス室内(ツアー500=10月26日~11月1日)とパリバ・マスターズ(マスターズ1000=11月2~8日)の2大会に出場予定。

 8位フェレール(3435ポイント)と9位ガスケ(2355ポイント)の差が開いているため、「ケガでもしない限り錦織は大丈夫。安全圏」と見ているファンは多いが、疲れがたまっているツアー終盤はこのケガが一番怖い。昨年のツアーファイナルの決勝では、フェデラーが背中の痛みで棄権してファンをがっかりさせた。

 錦織も残り2試合で、左ふくらはぎや臀部の痛みが再発することも十分にあり得る。今の圭にツアーファイナルに向けての「安全圏」などない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る