上位8人限定出場 錦織のツアーファイナルに「安全圏」なし

公開日: 更新日:

 男子テニスツアーの最終戦(ATPワールドツアーファイナル、英国・ロンドン=11月15~22日)のキップをかけた最終戦出場ランキングが12日に発表された。錦織圭(25)はチャイナ・オープン準優勝のナダル(3970ポイント)に抜かれて7位(3855ポイント)に後退した。

 すでにランク上位の4人(ジョコビッチ、マリー、フェデラー、ワウリンカ)は出場権を得ており、残るキップは4枚だ。錦織は今後、スイス室内(ツアー500=10月26日~11月1日)とパリバ・マスターズ(マスターズ1000=11月2~8日)の2大会に出場予定。

 8位フェレール(3435ポイント)と9位ガスケ(2355ポイント)の差が開いているため、「ケガでもしない限り錦織は大丈夫。安全圏」と見ているファンは多いが、疲れがたまっているツアー終盤はこのケガが一番怖い。昨年のツアーファイナルの決勝では、フェデラーが背中の痛みで棄権してファンをがっかりさせた。

 錦織も残り2試合で、左ふくらはぎや臀部の痛みが再発することも十分にあり得る。今の圭にツアーファイナルに向けての「安全圏」などない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る