19年全英OP北アイルランド開催の裏に「差別排除」の思惑

公開日: 更新日:

 全英オープン選手権を主催するR&Aは20日、2019年大会を北アイルランド・ロイヤルポートラッシュで開催すると発表した。

 北アイルランドでの開催は1951年以来、68年ぶりのこと。北アイルランドといえば、メジャー覇者のロリー・マキロイ(26)やグレーム・マクドウェル(36)らの“母国”だ。

 最古の歴史を持つ全英オープンは、これまでスコットランドやイングランドで会場を持ち回りで開催してきた。それがいきなり68年ぶりの北アイルランド開催で、しかも150年を超える歴史の中で同地域で開催されるのは2回目。その背景に何があったのか。

 海外のゴルフ事情に詳しい、ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「かつての北アイルランドはテロ事件が頻発するなど、とても国際大会を開催できるような状態ではなかった。それがここ15年で安定。マキロイの出身地でもあり、12年にはアイリッシュオープンも開催され、全英の会場にふさわしいゴルフ場もあります。ようやく機は熟したということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る