19年全英OP北アイルランド開催の裏に「差別排除」の思惑

公開日:  更新日:

 全英オープン選手権を主催するR&Aは20日、2019年大会を北アイルランド・ロイヤルポートラッシュで開催すると発表した。

 北アイルランドでの開催は1951年以来、68年ぶりのこと。北アイルランドといえば、メジャー覇者のロリー・マキロイ(26)やグレーム・マクドウェル(36)らの“母国”だ。

 最古の歴史を持つ全英オープンは、これまでスコットランドやイングランドで会場を持ち回りで開催してきた。それがいきなり68年ぶりの北アイルランド開催で、しかも150年を超える歴史の中で同地域で開催されるのは2回目。その背景に何があったのか。

 海外のゴルフ事情に詳しい、ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「かつての北アイルランドはテロ事件が頻発するなど、とても国際大会を開催できるような状態ではなかった。それがここ15年で安定。マキロイの出身地でもあり、12年にはアイリッシュオープンも開催され、全英の会場にふさわしいゴルフ場もあります。ようやく機は熟したということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る