19年全英OP北アイルランド開催の裏に「差別排除」の思惑

公開日:  更新日:

 全英オープン選手権を主催するR&Aは20日、2019年大会を北アイルランド・ロイヤルポートラッシュで開催すると発表した。

 北アイルランドでの開催は1951年以来、68年ぶりのこと。北アイルランドといえば、メジャー覇者のロリー・マキロイ(26)やグレーム・マクドウェル(36)らの“母国”だ。

 最古の歴史を持つ全英オープンは、これまでスコットランドやイングランドで会場を持ち回りで開催してきた。それがいきなり68年ぶりの北アイルランド開催で、しかも150年を超える歴史の中で同地域で開催されるのは2回目。その背景に何があったのか。

 海外のゴルフ事情に詳しい、ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「かつての北アイルランドはテロ事件が頻発するなど、とても国際大会を開催できるような状態ではなかった。それがここ15年で安定。マキロイの出身地でもあり、12年にはアイリッシュオープンも開催され、全英の会場にふさわしいゴルフ場もあります。ようやく機は熟したということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る