19年全英OP北アイルランド開催の裏に「差別排除」の思惑

公開日: 更新日:

 全英オープン選手権を主催するR&Aは20日、2019年大会を北アイルランド・ロイヤルポートラッシュで開催すると発表した。

 北アイルランドでの開催は1951年以来、68年ぶりのこと。北アイルランドといえば、メジャー覇者のロリー・マキロイ(26)やグレーム・マクドウェル(36)らの“母国”だ。

 最古の歴史を持つ全英オープンは、これまでスコットランドやイングランドで会場を持ち回りで開催してきた。それがいきなり68年ぶりの北アイルランド開催で、しかも150年を超える歴史の中で同地域で開催されるのは2回目。その背景に何があったのか。

 海外のゴルフ事情に詳しい、ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「かつての北アイルランドはテロ事件が頻発するなど、とても国際大会を開催できるような状態ではなかった。それがここ15年で安定。マキロイの出身地でもあり、12年にはアイリッシュオープンも開催され、全英の会場にふさわしいゴルフ場もあります。ようやく機は熟したということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  8. 8

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  9. 9

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る