近藤共弘はPRに余念なし プロが使うクラブは売れるのか?

公開日:  更新日:

【ブリヂストンオープン】

 ホストプロの近藤共弘(38)が、新発売を控えたドライバーを手にして2日目に首位タイと絶好調だ。

「すごく飛距離が出て、ずっと気持ちよく振れた。ドライバーがこれだけいいと、本当に楽にゴルフができる」(近藤)とクラブPRも忘れなかった。

 この時期は各メーカーから来シーズンの新製品が相次いで発表される。近藤が今週優勝でもすれば、クラブは話題になって売れるのか?

 業界関係者が、「昔は尾崎将司が勝つとジャンボモデルが飛ぶように売れたことがありますが、今ではほとんど影響がありませんね」とこう続ける。

「パターなら誰でも打てるからプロ使用のモデルは成績に応じて売れ行きを左右しますが、ドライバーはアマにはハードすぎて使いこなせない。だからプロが試合で使って勝ったからといって売れるわけではありません。アマチュアのクラブ購買動機は口コミや試打会。それにゴルフ仲間が新製品で好結果が出たら買う、というのがベスト3です。第一、メーカーがプロゴルファーとの契約をどんどん減らしているのは、プロが使ってもクラブが売れないということがわかっているからでしょう」

 ゴルフ大会は「クラブ見本市」の役目を終えてしまったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る