リオ五輪7人制ラグビー “外国人なし”の日本は惨敗に現実味

公開日: 更新日:

 大躍進ではあった。

 ラグビーW杯イングランド大会の日本は予選ラウンドで敗退したが、初戦で優勝候補の南アフリカを破る金星を挙げ、世界中に衝撃を与えた。リーチ・マイケル主将は次回19年の日本大会に向けて「W杯3勝は大きなステップだと思う。世界が日本の戦いをリスペクトしてくれるようになる」と手応えを口にした。が、その前に日本ラグビー界にとっての大一番が控えている。

 来夏のリオ五輪から新たに正式種目として採用される「7人制」ラグビーである。今回の15人制のW杯で結果を残したことにより、五輪でのメダル取りの期待が高まっているが、リオでの表彰台はそう簡単なことではない。

 日本は海外の強豪と比べて強化が遅れているからだ。

 基本的なルールは同じでも15人制と7人制では競技の質が異なる。7人制は15人制と同じサイズのグラウンドを使用するため、フィジカルの強さはもちろん、走力、持久力が求められる。ニュージーランド、豪州、フランスといった強豪国は15人制と7人制を別の競技として扱い、リオ五輪でのメダル獲得を目指して7人制専門の選手の育成、強化に励んでいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る