• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ五輪7人制ラグビー “外国人なし”の日本は惨敗に現実味

 大躍進ではあった。

 ラグビーW杯イングランド大会の日本は予選ラウンドで敗退したが、初戦で優勝候補の南アフリカを破る金星を挙げ、世界中に衝撃を与えた。リーチ・マイケル主将は次回19年の日本大会に向けて「W杯3勝は大きなステップだと思う。世界が日本の戦いをリスペクトしてくれるようになる」と手応えを口にした。が、その前に日本ラグビー界にとっての大一番が控えている。

 来夏のリオ五輪から新たに正式種目として採用される「7人制」ラグビーである。今回の15人制のW杯で結果を残したことにより、五輪でのメダル取りの期待が高まっているが、リオでの表彰台はそう簡単なことではない。

 日本は海外の強豪と比べて強化が遅れているからだ。

 基本的なルールは同じでも15人制と7人制では競技の質が異なる。7人制は15人制と同じサイズのグラウンドを使用するため、フィジカルの強さはもちろん、走力、持久力が求められる。ニュージーランド、豪州、フランスといった強豪国は15人制と7人制を別の競技として扱い、リオ五輪でのメダル獲得を目指して7人制専門の選手の育成、強化に励んでいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る