リオ五輪7人制ラグビー “外国人なし”の日本は惨敗に現実味

公開日:  更新日:

 大躍進ではあった。

 ラグビーW杯イングランド大会の日本は予選ラウンドで敗退したが、初戦で優勝候補の南アフリカを破る金星を挙げ、世界中に衝撃を与えた。リーチ・マイケル主将は次回19年の日本大会に向けて「W杯3勝は大きなステップだと思う。世界が日本の戦いをリスペクトしてくれるようになる」と手応えを口にした。が、その前に日本ラグビー界にとっての大一番が控えている。

 来夏のリオ五輪から新たに正式種目として採用される「7人制」ラグビーである。今回の15人制のW杯で結果を残したことにより、五輪でのメダル取りの期待が高まっているが、リオでの表彰台はそう簡単なことではない。

 日本は海外の強豪と比べて強化が遅れているからだ。

 基本的なルールは同じでも15人制と7人制では競技の質が異なる。7人制は15人制と同じサイズのグラウンドを使用するため、フィジカルの強さはもちろん、走力、持久力が求められる。ニュージーランド、豪州、フランスといった強豪国は15人制と7人制を別の競技として扱い、リオ五輪でのメダル獲得を目指して7人制専門の選手の育成、強化に励んでいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る