世陸マラソン代表今井正人が語る 「アフリカ勢との戦い方」

公開日:  更新日:

 ついに2時間2分台に突入した男子マラソン界はアフリカ勢の独壇場。8月の世界陸上マラソン(北京)マラソン日本代表の今井正人に大舞台での勝機などについて聞いた。

――現在のマラソン界はアフリカ勢が席巻。日本記録(2時間6分16秒=02年高岡寿成)も世界記録(2時間2分57秒)に比べ、3分以上の差がある。アフリカ勢には勝てないのでしょうか?

「自分のタイムを1、2分縮めるのは可能でしょうけれど、今すぐ2分台を出せと言われても厳しい。でも、マラソンの戦いはタイムだけではありませんし」

――といいますと?

「基本的に好タイムが出る要因はペースメーカーが付くからです。世界記録が出る大会というのは、ペースメーカーがあらかじめ2時間2、3分を目標にするレースをつくる傾向がある。そんなレースで自分のような持ちタイムが7分台の選手が20キロぐらいまで行けば、後半に失速するだけです。世界陸上や五輪はペースメーカーがいません。夏の暑さ、駆け引きの勝負もある。そういう中でなら、タイム差以上の戦いができると思っています。アフリカ勢は肉体的に勝っていますが、精神的な部分では日本人の方が強いと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る