世陸マラソン代表今井正人が語る 「アフリカ勢との戦い方」

公開日: 更新日:

 ついに2時間2分台に突入した男子マラソン界はアフリカ勢の独壇場。8月の世界陸上マラソン(北京)マラソン日本代表の今井正人に大舞台での勝機などについて聞いた。

――現在のマラソン界はアフリカ勢が席巻。日本記録(2時間6分16秒=02年高岡寿成)も世界記録(2時間2分57秒)に比べ、3分以上の差がある。アフリカ勢には勝てないのでしょうか?

「自分のタイムを1、2分縮めるのは可能でしょうけれど、今すぐ2分台を出せと言われても厳しい。でも、マラソンの戦いはタイムだけではありませんし」

――といいますと?

「基本的に好タイムが出る要因はペースメーカーが付くからです。世界記録が出る大会というのは、ペースメーカーがあらかじめ2時間2、3分を目標にするレースをつくる傾向がある。そんなレースで自分のような持ちタイムが7分台の選手が20キロぐらいまで行けば、後半に失速するだけです。世界陸上や五輪はペースメーカーがいません。夏の暑さ、駆け引きの勝負もある。そういう中でなら、タイム差以上の戦いができると思っています。アフリカ勢は肉体的に勝っていますが、精神的な部分では日本人の方が強いと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る